太陽光発電はあと1年が勝負と言われる理由

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_s

投資商品でもある太陽光発電の実態

利回り13%といったフレーズでしきりに投資商品としてアピールされることもある太陽光発電。
投資として設置する場合、本当に利益をあげられるのかというのがポイントですが、実際はどうなっているのでしょう。
国や電力会社としては、条件の見直しへの関心が高く、そのタイミングが近いうちに訪れるのではないかと言われています。
再生可能エネルギーを固定価格にて買い取る制度は平成24年の7月から始まりました。
しかしその制度のリミットが、もうすぐそこまで迫っているとされます。

「特別な配慮」が終わるとき

固定買取価格制度には3年間という期間がひとつのポイントになります。
その期間であれば、太陽光発電を導入しようという方に対して、「固定価格買取」という特別な配慮をするというのがこの制度のポイントでもあるのです。

制度が本当に3年できっかり終ってしまうのであれば、リミットは平成27年7月になります。
だからこそ、もし太陽光発電を導入するのであれば、早めに申請しておかなければならないということになります。

20年という長期の保証

固定価格にて売電することができる制度はFITという呼び名でも知られます。
このFITが適用されることにより、20年間にわたり一定価格での売電が可能となります。
投資として太陽光発電を捉える場合、長期間安定して電力を買い取ってもらえるということは非常に大きなポイントになります。

また、ここにグリーン投資減税を加えることも可能で、それによって一括即時償却も実現可能です。
世の中にはさまざまな投資があり、かなりギャンブル的要素の強い投資もありますが、太陽光発電に関しては確実性に優れた投資商品のひとつと言えるでしょう。

もちろん、投資であるからにはノーリスクというわけにもいきませんが、それでもそのリスクに対する保証もあるため、リスク管理もしていきつつ安定した利益をあげることも可能になります。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ