アップルが太陽光発電に進出?

second-apple-logo

環境への影響を抑える取り組みを続けるアップル

革新的なデザインや性能をPCやスマートフォンなどへ持ち込んだアップルを知らない人は、今やほとんどいないでしょう。
そんな世界的企業であるアップルは、環境への関心が高い企業でもあります。

アップルというと、常に新しいことに挑戦をし続ける企業というイメージがありますが、アップルが次に目をつけたもの、それが太陽光発電なのです。

1780億ドルというとてつもない資産を持つとされるアップルは、世界最大クラスの規模を誇る太陽光発電施設へと「8億4800万ドル」の投資を行うというのです。

太陽光発電から生まれる、アップルストアの電力

アップルが投資をするのは、アリゾナのFirst Solarという会社です。

この会社は創業25年の歴史がありますが、そんなFirst Solarは今後、2900エーカーというとてつもない広さの太陽光発電施設の建設を計画しています。
しかもその完成も2016年を予定と、まったくもって遠い将来の話ではありません。

そのように大規模な太陽光発電施設から生み出される電力は、供給量にして130メガワットにも上ると言われます。
そしてその電力は、カリフォルニアにあるすべてのアップルストアや本社などで使用する電力に相当するそうです。

いち企業として環境への配慮は当然のこと

日本の企業でも、環境への影響を極力抑える形で運営を進めている企業はありますが、アメリカの場合はよりそれが当然のこととなっています。
さらに、アップルのようなジャンルの企業にとって、データセンターの巨大化というのは止められるものではありません。
そんなデータセンターを運営していくためにも、こうしたエネルギー源の確保というのは大切な条件となってくるのです。

アップルと言えど、このような規模の巨額投資はそう頻繁にできることではないでしょうが、もし今回の投資がうまくいけば、今後さらに太陽光発電への投資が続く可能性も十分あるのではないでしょうか。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ