スマートハウスはどんな企業が作ってる?

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s

スマートハウスの提供企業

スマートハウスは地球環境に優しい生活でき、なおかつ光熱費を削減できるとメリットが満載です。
そのためスマートハウスを提案しているハウスメーカーが続々と増えています。
どのようなハウスメーカーがスマートハウスを提案しているのかを見ていきましょう。

パナホームは、ハウスメーカーとして50年間という長きにわたって得た知識、経験、実績、技術を生かしたスマートハウスの開発を行っています。
2010年にはCO2±0住宅を実現し、2011年にはカサート・テラという自然エネルギーを活かした生活を可能とする住宅を発売しました。
地熱、そして高断熱設計、高性能換気システムを活用した快適な住まいを実現しています。
さらに、太陽光発電システムと蓄電池、スマートHEMSの導入によるゼロエネルギー住宅を実現しています。

多くのハウスメーカーが導入

ミサワホームではスマートハウスの商品として、SMART STYLE E、ENIUS UD、HYBRID FORM、Season n の4つの住宅を提供しています。
停電時にも自立運転が可能な太陽光発電システム、電気を蓄えておける蓄電池、次世代型モニター採用の微気候デザインなど、様々な最新システムを導入しています。

トヨタホームでは、スマートハウスの商品としてシンセ・フィーラスとシンセ・アスイエを提供しています。
どの部屋でも快適な温度を維持できる全館空調「スマートエアーズ」でエネルギーを効率よくコントロールし、クリーンな空気を室内に保つことができます。
また、太陽光発電や蓄電池の導入、エネルギーの使用状況を確認できるパネル、電気自動車とのつながり、スマートフォンからの捜査などさまざまなシステムを導入しています。

今後にますます期待が

これらのハウスメーカーだけではなく、まだまだたくさんのハウスメーカーがスマートハウスの開発に取り組んでいます。
また、今の時点よりも、1年後、2年後にはますます快適なシステムが開発され導入されていくことでしょう。
私たちの生活は、科学の進歩と地球環境に配慮しようという気持ちによってますます快適にエコになっていくのです。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ