太陽光ファンドが活況な理由

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

太陽光ファンドとは

「ファンド」とは、多くの投資家からお金をまとめ、それを会社設立費用に使い、そしてその収益を投資家に一部還元するシステムのことを指しています。

つまり太陽光ファンドとは、太陽光発電所を作る為の投資を行い、その太陽光発電所で作られた電気を電力会社に売り、その利益の一部を投資家に支払う、ということになります。

これまで太陽光ファンドの為に銀行からお金を借りることができませんでしたが、太陽光発電事業が発達してきた現在では、銀行も太陽光ファンドの為にお金を貸すことができるようになりました。
こうすることで、投資家から払ってもらうお金も減り、投資家側の負担はかなり軽減されるようになりました。

太陽光ファンドが今では主流に

エネルギーファンドには数多くの種類がありますが、現在は太陽光ファンドが主流とされています。
そんな太陽光ファンドはなぜ人気なのでしょうか。

その理由としてはやはり「環境保全には太陽光発電が一番」だからです。

現在日本で使われている化学エネルギー資源ですが、そのほとんどは海外から輸入をしています。そのエネルギー資源の多くは石油で、石油は消費すればするほど地球環境も同時に悪化をしていきます。
輸入代で莫大なお金が掛り、さらに地球温暖化を促進させてしまうので、デメリットばかりですね。
日本国内ではエネルギーの自給自足が課題とされています。

そのエネルギー資源の中でもクリーンで安全性の高い太陽光発電は、今まさに注目をされています。だからこそ太陽光ファンドが活況を迎えているのです。

太陽光ファンドで実際どれだけ見返りがあるのか?

太陽光ファンドに参加をするからには、しっかりと見返りが欲しいと思ってしまうのも人の常でしょう。
配当金はどのようになっているのでしょうか?
その企業の年平均分配率にもよって異なりますが、大体年平均で8.5%と見込んでください。
そうすると、100万円の投資なら、約10年間で元が取れ、それ以降も安定して収入が入るようになっています。
ファンドの中でもリスクの少ない太陽光ファンド。この機会にぜひ調べてみてください。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ