続々とできるメガソーラー

7eeb9413e7bede288ce20e6191cc9f8a_s

メガソーラーの普及

各ご家庭では、オール電化住宅が普及していて、太陽光発電システムの導入も進んでいますが、太陽光発電システムは家庭だけでなく企業や自治体などでも導入を積極的に進めています。
企業、自治体でシステムを導入する場合は、大規模な敷地を使うことが可能です。
こうした太陽光発電を「メガソーラー」と呼びます。

メガ=大きい という意味ですから、大規模なソーラーシステムということですね。。

メガソーラーのメリット

各ご家庭で太陽光発電システムを導入する場合は、そのご家庭で使用する分程度の電気しか作ることはできません。
それは家の屋根という限られた場所にパネルを設置するからです。
しかし、メガソーラーの場合は土地が広いため多くのパネルを設置することができます。

パネルの枚数が多いということは、それだけエネルギーもたくさん作れるということに他なりません。
企業や自治体が使われていない土地を活用して太陽光発電システムをどんどん導入していけば、日本で自然エネルギーのみで生活ができる日も夢ではないかもしれません。

メガソーラーのデメリット

未来に期待を抱かせてくれる、メガソーラーの普及ですが、メリットばかりとはいかないというのも事実です。
なぜなら、太陽光発電システムは太陽の光がなければ作ることができないからです。
つまり、日照時間が足りなければ、充分な電気を作ることができません。

天候不良が続き、太陽がすっかり隠れてしまう・・・そんな日々が続けば続くほど、太陽光発電システムに頼っている私たちの生活が脅かされることになるのです。
どんなこともメリットがあればデメリットもあります。

デメリットをいかに回避していくか?

雪が多い地域ではメガソーラーを存分に活用できないのでは?という意見もありますが、豪雪地帯の秋田県でもメガソーラーの設置が進められ、パネルの角度や架台の高さなどを工夫して雪の問題を回避することに成功しています。

ソーラーパネルのメリットは最大限に活かし、そしてデメリットをどうやって回避していくか・・・この点が今後の課題と言えるのでしょうが、メガソーラーが普及すればするほどに、地球にやさしい生活が出来るようになることは間違いありません。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ