人工光合成が将来のエネルギー問題を救う?

9ebb2d9d9e40df356e891dfef5efca99_s

人工光合成とは?

人工光合成は文字通り、人工的に光合成を行うものです。
人工光合成に使われるのは太陽光、水、そして二酸化炭素です。これらを用いて燃料などのエネルギー資源を作り出すことができます。

本来なら地球温暖化の原因にもなる二酸化炭素ですが、このように人工光合成で使われることによって、新たな燃料を生み出すための重要な材料へと変貌を果たしたのです。
2014年12月に東芝はこの人工合成において、化学エネルギーへの変換効率を1.5%にまで高め、世界一の記録を塗り替えました。

この技術がさらに発展すれば、火力発電所で排出されている二酸化炭素を燃料にするための材料として、回収・再生・再利用が可能になると考えられています。

光合成はそもそも植物のみが出来る「神業」

本来なら、植物しかできないはずの光合成。植物は光合成を行うことで自らを成長させることができます。
しかし光合成はそればかりではありません。

光合成は、太陽光の力を得ることで水や酸素、そして電気をもを生み出してしまいます。
そう、先ほども説明しました通り、科学エネルギーの生成が光合成によって可能となっているということになります。
この光合成の力を、もしも私たち人類が取り入れたのであれば、もうエネルギー不足に困ることは一切になくなると言っても過言ではありません。

水不足、電気不足が懸念される現代、人工光合成は世界を救う事のできる新たなエネルギーとして大変注目をされているのです。

太陽光発電と人工光合成の違い

太陽光発電の場合、太陽光発電によって生成された電気はそのまま電力会社などに送られますが、電気が到着する頃にはある程度電気が減ってしまいます。
なぜなら電気は、移動をしている最中も周囲に放電をしてしまうからです。世界をまたいで電気の輸出輸入をしている時は、この電気のロスが非常に目立ちます。

しかし人工光合成の場合は、人工光合成で生み出された液体燃料を貯蔵し、そしてそれを運ぶことが可能です。
つまり双方の違いは、生み出したエネルギーを「貯めることが出来るか出来ないか」と言って良いでしょう。
蓄電の技術が生まれれば、太陽光発電もまた注目されるようになるかもしれません。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ