パナソニックの太陽光発電の特徴

今年の夏は暑い日が多くありました。
さぞや太陽光発電でたくさん発電されたことだろうと思いがちですが、太陽光発電は通常、以外にも太陽電池モジュールの表面温度が高くなりすぎると発電効率が落ちるのです。
でも、その問題をパナソニックは克服しました。
その優れた温度特性で、幅広い温度範囲で発電量を保持できるのです。
従って高温でもしっかり発電します。
また、面積あたりの発電量もトップクラスですから、同じ発電量を得るために、他の太陽光パネルが南側で足らずに東側・西側に設置しなければならないとき、パナソニックの太陽光パネルは南側だけに設置するだけで済みます。
同じ発電量ならモジュール枚数が減らせるため、屋根に掛かる負担がかなり軽減できるのです。
屋根が軽くなるということは地震の際の減震効果も向上します。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ