長州産業の太陽光発電の特徴

Cyosyusangyo

国産にこだわり作られる太陽光発電システム

長州産業では、「日本国内一貫生産」により、高性能のモジュールを作り上げています。

太陽電池セルの製造などだけでなく、その研究まで長州産業の工場の敷地の中で行っているという徹底したこだわりぶりが特徴です。

すべてを目の届く範囲で行うことにより、太陽光発電システムを作り上げるうえでの連携もより密にしていくことができるのです。
そして長州産業では、世界最高変換効率へと挑むために、さらなる挑戦を続けています。

屋根への負担も考えられた軽量モジュール

太陽光発電システムは、軽ければ軽いほど、当然屋根への負担も少なくなります。
大切な住まいへと長年にわたり取り付ける太陽光発電システムですから、その屋根への負担も考慮しなければなりません。

長州産業では、効率に優れた単結晶シリコンによる太陽電池セルを使用し、省スペースのモジュールを作り上げました。
コンパクトで軽量、かつ出力にも優れているということで、屋根への負担の軽減と発電効率を両方とも叶える形となりました。
また省スペースであることにより、レイアウトのバリエーションも広まったため、多くの屋根の形に対応することができます。

長いお付き合いには保証制度も大切

長州産業では、しっかりとした技術を持って長州産業の太陽光発電システムの施工をしてほしいということで、独自の技術講習も行っています。
それを修了した認定施工員が施工に携わることで、施工の技術の安定化にもつなげることができています。

さらに長州産業では、安心してご利用いただくための長期保証制度も備えており、太陽電池の出力が下がってしまった場合や、機器のトラブルが起きた場合などにもしっかりと対応できるにしているのです。

そして、太陽光発電システムの標準架台フレームには亜鉛めっき鋼板という素材を使用しています。
これは耐食性や耐候性が高い素材であり、これにより長期間の使用にも耐えることができます。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ