フジプレアムの太陽光発電の特徴

image030

世界的な技術が光る太陽電池モジュール

フジプレアムは、薄型テレビへの使用で知られる光学フィルター製造で、日本はもとより世界的なシェアまでも獲得している会社です。

「精密貼合技術」という技術において、フジプレアムは世界一と言える高い技術力を誇っており、この精密貼合技術は太陽電池モジュールにも使われています。

太陽電池モジュールの耐久線、これにはセル封止技術というものが大いに関係しています。

日本は湿度の高い国ですので、その日本の気候に合わせてセルラミネートといわれる封止条件の最適化を行っています。
またその最適化は、日本だけに限ったことではありません。
ドイツや中国といった国々でも、フジプレアムの太陽光発電システムは導入されているのです。

お客様の安心につながる長期間の出力保証

太陽光発電システムは、一度設置をすれば長期間継続して稼働させていくものですから、当然保証についても気になってきます。
フジプレアムでは、「モジュール15年出力保証」「システム10年保証」という保証制度によって、設置後のサポートにも全力で向き合ってくれます。

出力保証に関しては、公称最大出力の80%以上という基準を下回った場合に保証が適用されるという形になります。

トラッキングシステムという新しい方向性

フジプレアムでは、トラッキングシステムと言われるシステムを採用した太陽光発電システムの設置も行っています。

太陽光が降り注ぐ道筋というのは、季節によって変わってきます。

トラッキングシステムによって太陽の位置を導き出し、それに応じて太陽電池パネルが向きを変えるのです。
このような可動性の太陽光発電システムによって、固定型に比べおよそ1.4~1.5倍高い発電量を得ることも可能になります。(フジプレアム製品において)

可動性の太陽光発電システムは、一見設置スペースが限られるのではと思ってしまいますが、支柱にモジュールを取り付けることで、逆にスペースのさらなる有効活用が可能になってきます。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ