京セラの太陽光発電の特徴

kyocera_category

住宅用太陽光発電のパイオニア

日本の住宅用太陽光発電の歴史は1993年から始まり、その歴史を作ったのが京セラです。

そんな京セラは、太陽電池でも「世界初」を獲得しました。
京セラの多結晶シリコン型太陽電池モジュールの安全性と品質をテストするために、世界でも指折りの第三者認証機関であるテュフ ラインランドによる長期連続試験を受けました。
その結果、何と世界初の認証という結果を得ることができたのです。

またそれと共に、同機関による塩水噴霧試験を受けましたが、これも見事パスしています。
これにより、太陽電池の品質はもちろんのこと、沿岸地域などにおいても長期間性能を発揮できるということが証明されたという結果になったのです。

ずさんな施工を招かないために

たとえ素晴らしい品質・性能を誇る太陽光発電システムでも、しっかりとした施工をやってもらえなければその品質・性能も無駄になってしまうでしょう。
それを避けるために、京セラは「京セラソーラー施工士認定制度」という制度をスタートさせました。

認定施工士が施工にあたっての管理や監督をすることにより、不備なくきちんと施工を終えられるようにと図っているのです。
施工担当者の知識や技術などの工場のために、京セラではセミナーも開催しています。

災害や故障への備えとして

京セラでは太陽光発電システムに対して、無償の10年保証を設けていますが、京セラの保証はそれだけではありません。

そこに機器保証15年・自然災害保証15年・出力保証20年という3つの保証を加えることができるのです。
これらトリプル保証は有償となりますが、機器トラブルや自然災害などの備えとしてはやはり頼りになる存在と言えます。

無償の場合の10年保障でも、機器・自然災害・出力の3つは保証対象となりますが、トリプル保証ではその保証期間が長くなり、最長は出力保証の20年となっています。
こういった保証システムについても、じっくりと考えてみるといいのではないでしょうか。

京セラのスマートハウス

京セラでは、「つくる」「ためる」「賢くつかう」というポイントを押さえたスマートハウスという新しい住まいの形を提案しています。

どれくらい発電できているのかを簡単に確認できるような暮らし、そしてそれを賢くつかえるような暮らしというのは、これからの日本にとっては欠かせないものとなってくるかもしれません。
太陽光発電とオール電化の組み合わせなどにより、さらにお得で快適な生活も実現可能となります。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ