三菱電機の太陽光発電の特徴

「生涯発電力」に着目した三菱の太陽光発電

三菱電機では、太陽光発電のロングライフ化を目標に、生涯発電力のさらなる向上を目指した太陽光発電システムを構築しています。

モジュール1枚でどれだけの出力ができるのかに着目するに留まらず、「発電量×耐久性」という計算式にも注目しているのです。
それによりわかってくるもの、それが「生涯発電力」なのです。
日本の屋根の形の特徴や、気候の特徴などもしっかりと研究し、その結果を踏まえてそこにこれまでつ使ってきた技術・ノウハウをプラスしました。

高出力に安定性が加わることの魅力

三菱電機では、プラストレランス基準という独自基準により、モジュール出力の管理を行っています。

モジュールに使われるセル特性と言われるパーツを均一化し、公称最大出力値を超えるほどの発電量を得ることができるようにしているのです。
セル特性がきちんと揃っていないと、それが出力低下につながる恐れがあるため、セル特性を均一にする必要があるのです。

そして日本の屋根の形状を研究してきた三菱だからできた「マルチリーフシリーズ」というのも、太陽光発電による発電面積を最大減にするためには効果的なことです。
長方形モジュールやスリムモジュール、台形(右・左)モジュールなど、モジュールの形もさまざまです。

電力変換効率にもとことんこだわる

太陽光発電により得た電力を家庭内で使用するにあたり、パワーコンディショナと言われるものが必要になります。
それにより直流電力を交流電力へと変換しますが、このときどうしても変換ロスが出てきてしまいます。
それを可能な限り減らすことにも、三菱電機はこだわりました。

変換ロスが少なければ少ないほど使用可能な電気が増えるわけですので、これも非常に大切なポイントになってくるでしょう。
三菱電機の太陽光発電の場合、電力変換効率は98.0%という高水準です。

長く使うものだからこそ、品質にも妥協しない

太陽光発電は一度購入すれば長きにわたって使用しますから、その間安心して使えるようにするためにも、品質は高くなくてはなりません。
三菱電機では、CCD画像検査システムというシステムが活用されており、これによって高精度のセル接続を実現しています。

セル間隔を均一化させることは、太陽光発電の出力にも関わってきますし、製造品質の安定化にもそれは不可欠な要素となります。
また厳しい試験を設けることによって、高い品質の安定というものを図っています。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ