サンテックパワーの太陽光発電の特徴

suntech_logo

サンテックパワーの住宅用太陽光発電システム

単結晶セルによる製造される太陽光発電モジュール「サンクリスタルWem」は、住宅用のモジュールにおいては最大級の270Wという高出力を誇っています。
さらにモジュール変換効率は16.6%、真性変換効率は20.1%という水準です。
このように優れた性能を持つ太陽光発電モジュールに加え、「25年の長期出力保証」というサポートの手厚さがあります。

モジュールの出力を25年という長期間保証してくれますが、モジュール出力保証10年という企業もあるため、それと比較すると保証期間は倍以上です。
またシステム保証に関しては、保証期間は10年となっています。

小規模産業用の太陽光発電システム

集合住宅や工場といったさまざまなスペースに、この小規模産業用の太陽光発電システムを設置できます。
サンテックパワーであれば、メガソーラーなどの経験によるノウハウがありますから、それも非常に心強いポイントになってくるのではないでしょうか。

サンテックパワーでは、国際規格よりも厳格な基準で独自の試験を行っています。
このため数あるメーカーの中でもトッププラスの耐風圧性能、モジュール耐性を誇ることができています。

さらなる規模での太陽光発電システムを

サンテックパワーでは、公共・産業用の太陽光発電システムも提供しており、そのシステムは世界中に広がっています。

とてつもない規模での太陽光発電システムの設置経験も有しており、その実績の高さというのはメーカー選びでも一つの重要なポイントになってくるはずです。

そして納入実績は実に80ヶ国以上を超え、枚数にすると3,000万枚にも上ります。

公共・産業用に関しては、標準型モジュールとガラス建材型モジュールの2タイプがあり、標準型モジュールにはメガソーラーに適したVシリーズ、ループトップ向けであるWシリーズがあります。

またガラス建材型モジュールには、ライトスルーというデザイン性をも実現したモジュールがあります。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ