トリナソーラーの太陽光発電の特徴

Trina-Solar-logo-with-sloga

トリナスマートというモジュールの形

トリナソーラーの太陽光発電を語るうえでは「トリナスマート」は欠かせないでしょう。

これはダイゴエナジーという会社の革新的技術を採用したモジュールのことで、モジュールレベルによって診断やDC出力の最大化を叶えた画期的なモデルです。

太陽光発電システムにとって発電機能の低下というリスクはひとつのデメリットになりえますが、トリナスマートモジュールであれば、もし発電機能が低下したとしても遠隔地から機能が低下したモジュールのみを切り離すことができるのです。

トリナスマートのモニタリングサービス

トリナスマートでは、モニタリングサービスによって太陽光発電のシステムをチェックしていただけます。
このサービスに関しては無料で利用でき、モジュール単位での状況やシステム全体を通しての状況をチェックすることができます。

また、このモニタリングサービスにはプレミアムバージョンもあり、プレミアムの場合はレポートは日報となり、1分単位での要約は全履歴チェックできるなど、無償のサービスにはない特徴も備わっています。

なお無償の場合、レポートは月報となり、1分単位での要約は30日分チェックできます。

フレームレスな両面ガラスモジュール

トリナソーラーには、DUOMAXというフレームレス両面ガラスモジュールがあります。
日本の気候に合わせ、さらなる耐久性・出力の向上を目的として作られたのがこのモジュールです。

さまざまな厳しい条件のもとで行われた耐久テストにより、その耐久性も実証されています。
さらには、業界基準を超えた出力保証も魅力的なポイントでしょう。
DUOMAXの素材として用いられた耐火ガラスには、砂やアルカリへの対応が可能なコーティングが施されています。
またこの素材、コーティングにより、塩害への対策も実現しているのです。

耐火性については、国際安全規格クラスAを誇り、ガラスの融点は1,000℃以上となっています。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ