売電とは?

売電とは太陽光発電した電力を各電力会社に売ることです。
現在は、普及拡大ため好条件で売電することが出来ます。
10年間は現状通り1kwあたり42円という売電契約が示されています。
一般住宅で電力会社から買う価格が1kwあたり17円~28円ということを考えれば、いかに売電がお得であるかが分かると思います。
企業の売電に関しては、全量買取制度になることが決定。
一般住宅の売電は、太陽光発電の電力をまずは家庭で使用し、余った電力を電力会社に売るという余剰買取制度ということになります。
いまは住宅用に高性能の太陽光パネルがありますから、かなりの発電が可能です。
10年後は売電価格はいくらになるか分かりません。
早めに太陽光発電を導入したほうが良さそうですね。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ