失敗しない太陽光発電

設置コストを早期回収するためには、綿密な見積もりを取ることが必要です。
大まかに、以下の式で見積もられます。
太陽光発電パネル+設置工事費−補助金=A(コスト)
(年間発電量−年間自己使用量)×買取単価=B(収益)
A÷B=回収に必要な年数

ここで、重要なのは、年間発電量の計算です。
屋根の傾斜角、屋根の向き、太陽光発電パネルの性能、パネルの枚数などで大きく変わってくるからです。
素人ではこの計算は難しく、信頼のおける業者に頼るしかありません。
太陽光パネルの枚数が増えればAのコストはふくらみますが、設置工事費には大きな差がでません。設置会社の人件費と足場組み立て等の手間は枚数によって大きく変わらないからです。
とすれば、枚数が増えればスケールメリットが出て、パネル1枚あたりの設置コストが下がることになります。

見積もりの際にこれらを詳しく計算してくれる業者選びが失敗しない太陽光発電の設置に不可欠です。
価格を比較する際には、信頼のおける業者のみを選定した一括見積もりサイトを利用するとよいでしょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ