耐用年数はどれくらい?

一般的な太陽光発電システムを考えた場合は、耐久年数は10年と考えていいと思います。
太陽電池自体は寿命は長くて、半永久的とか30年ともいわれています。
問題は、モジュールで発生した電流を交流に変換するパワーコンディショナーです。
この寿命が10年くらいなのです。
多くのメーカーが10年保証というのは、この理由からでしょう。
売電により太陽光発電の投資を回収できる年数としては約20年ということを考えれば、耐久年数が10年では短いと思うことでしょう。
メーカーによっては25年保証というところもありますから、導入の際にはよく検討するべきです。
また、太陽光パネルの普段のゴミは雨で大抵流れますが、油分は落ちません。
これが積み重なっていくと年間1.0%~2.2%発電効率が落ちるという報告があります。
年に1度の点検や清掃もぜひ検討してください。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ