メガソーラーの補助金はどのくらい出る?

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

普及が進む太陽光発電

太陽光発電システムは、ご家庭用も産業用もどんどん普及してきています。
家庭での太陽光発電では、設置の範囲が限られていますので、必然的に発電量も制限されてしまいます。

しかし、産業用はそうではありません。

広大な敷地があれば、そこで大規模な太陽光発電パネルを設置でき、たくさんの電気を作ることができます。
実際に、メガソーラーと呼ばれる広大な太陽光発電システムがさまざまな地域で、さまざまな企業が導入を進めています。

メガソーラーの補助金について

太陽光発電システムを導入すると、補助金が出るということは多くの方がご存じでしょうが、メガソーラーに関しても補助金が出るのでしょうか。

答えはYESです。

では、具体的にどのような補助金が出るか、ご説明しましょう。

補助金には国から支給されるものと、地方自治体から支給されるものの2つがあります。
国からの補助金に分類されるのが、固定価格買取制度です。

こちらの制度は、設置すると○万円が支給されるというタイプのものではありませんが、導入から20年間は変わらない価格で電気を買取しますよ、という制度です。

日本の景気や情勢に左右されず、20年間は売電価格が変わらないというのは、設置する側にとっては大きな安心感につながります。
また、認定を受けると以降3年間は固定資産税が減額される「再生可能エネルギー発電設備に係る固定資産税の軽減措置」もあります。

地方自治体の補助金は地域によって様々

では、地方自治体から出る補助金はどのようなものがあるでしょうか。
実は、各地方自治体で様々な補助金制度を設けていて、地域によってかなり違うというのが現状です。

そのため、メガソーラーを導入する前に、その地域ではどのような補助金制度を設けているを調べておく必要があります。

また、これからも、さまざまな内容の補助金制度が作られる可能性は十分にありますので、今後の太陽光発電に関する補助金の情報にも目を向けていくことが大切です。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ