今後の売電価格、どうなる?

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s

先行き不透明な時代

ご家庭の屋根に太陽光発電パネルを設置すると、売電という大きなメリットが得られます。
余った電気を売ることができれば、電気が無駄になることもなく、収入も入ると嬉しいことがたくさんあります。

しかし、今の日本の状況は決して安定しているとは言えません。
今後、時代の変化とともに、これまで当たり前だったこともどんどんと変化していくでしょう。
太陽光発電についても同じで、今のシステムが永遠に続くとは考えられません。
売電についても、この先どういう制度に変わるのか、不安を感じている方もいるはずです。

売電で得をするのはいつ?

これから家を建てたり、リフォームをするなどで、太陽光発電の設置も検討されている方は、売電でプラス収支になるのはいつまでだろうか?と考えているかもしれません。

そこで、今後の売電価格について考えていきましょう。

まず、現在の状況ですが、2014年4月から2015年3月までに太陽光発電パネルを購入した場合は、太陽光10kw未満の設置容量で売電価格は1kWhあたり37円(税込)となっています。

過去の売電価格を見てみると、2012年度は42円、2013年度は38円と徐々に下がってきていますので、今後はますます売電価格が下がるのでは?と不安を感じてしまうかもしれません。

しかし、現在の電力会社の状況を見ると、値上げが進み、電気料金が年々上がっています。
売電価格が下がったとしても、電力会社の電気代の値上げを考えれば売電で得をすることは間違いないでしょう。

10年間は売電価格が固定されている

また、太陽光発電パネルの購入から10年間は売電価格が変化しないという固定制度が設けられています。
つまり、2015年3月までに購入した際は、2025年3月までは37円の売電価格が保証されるということです。

では2015年4月以降はどうなるのか?というと、これまでの傾向から売電価格は下がっていくことが考えられますので、できるだけ早めに設置した方がお得だと言えます。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ