住宅用太陽光発電のメリット、デメリットは?

7820179902f810ae6412fc38f1d6b26e_s

太陽光発電の導入をする前に考えたいこと

あちこちで、太陽光パネルを設置している家を見るようになりました。
太陽光発電システムの導入を今まさにご検討されている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

太陽光発電システムは、導入時に費用がかかります。
そのため気軽に設置を決めることはできません。
はたしてどのくらいメリットがあるのか、そしてデメリットにはどういった点が挙げられるのか・・・ここをきちんと理解し、そのうえで導入を検討することが望ましいでしょう。
メリットとデメリット、どちらも理解したうえで設置をすれば、「こんなはずではなかった!」などと後悔することもなくなるはずです。
では、具体的にどのようなメリットとデメリットがあるかをご説明します。

住宅用太陽光発電のメリット

まず、最大のメリットと言えるのが、家庭で電気を作れるため、電気代が大幅に節約できることです。
電力会社が電気料金の値上げを発表するたびにため息をつく・・・このようなことはなくなります。

さらに、家庭で使いきれなかった電気は売ってお金にすることができるので、導入時にかかった費用を回収し、プラス収支にすることも可能です。
他にも、災害が発生し停電が続くときにも電気が使えますし、蓄電池も導入すれば夜間に使う電気も電力会社に頼る必要がなくなります。

住宅用太陽光発電のデメリット

ではデメリットと言える点はあるのでしょうか。

まず、どの家庭にも設置できるわけではない、家庭によって発電量が異なるという問題があります。
住んでいる地域で晴れが多ければ良いですが、雨や雪、台風などが多い地域では期待するほどの発電量が見込めない可能性があります。
また、屋根の形や日当たりなども発電量を左右します。

隣の家と自宅とで、発電量が異なる可能性は大いにあるのです。

また、導入時にお金がかかる点もデメリットだと言えます。
今後回収できる可能性が高いとはいえ、初期費用に100万円単位のお金を用意するのは大変なことですし、設置の決断を難しくさせる要因になっています。

これらのメリット、デメリットを踏まえて、設置についてよく検討していきましょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ