余剰電力買取制度と全量買取制度。何が違う?

043f86c8dee2c774deef5a2c935f792d_s

太陽光発電の売電に関する制度

太陽光発電システムの導入をご検討中の方は、メリットやデメリットなど、様々な情報を集めていることでしょう。
色々と調べていくうちに、太陽光発電特有の制度があることに気がつくはずです。

その特有の制度というのが、余剰電力買取制度、そして全量買取制度です。

余剰と全量・・・なんとなく想像できるかもしれませんが、具体的に何が違うのかがよく分からないという方もいるでしょう。
そこで、余剰電力買取制度と全量買取制度の違いをご説明します。

余剰電力買取制度と全量買取制度の違い

まずはじめに、2つの制度はどちらも売電に関する制度であることを理解しておく必要があります。
太陽光発電で作った電気を電力会社に売る際に適用される制度です。

発電容量が10kW以上か、10kW未満か・・・これにより、適用される制度が変わります。
10kW以上の場合に適用されるのが全量買取制度、10kW未満の場合に適用されるのが余剰電力買取制度です。

一般的なご家庭ではほとんどが10kW未満になっています。
反対に、10kW以上は工場や広い空き地、マンションなどのパネルを多く設置できる場合に限定されてきます。

一般的な家庭なら余剰電力買取制度が適用される

全量買取制度は、太陽光発電によって生み出した電気をすべて売電できる制度です。
電気を使う目的でも使用できますし、売るためだけにシステムを導入することも可能です。

しかし、余剰電力買取制度は、家庭で使った電気の他にまだ余っている分は売電できますよという制度です。
言葉通り、「余剰」だけを売ることができます。

電気を売ればお金になりますから、家庭で使用する電気を節約すればするほど、たくさん収入が得られる仕組みになっています。
この仕組みによって、設置している各ご家庭で、節約しよう!という気持ちが生まれやすくなります。

一般的に、ご家庭で導入する場合の容量は4kWが平均的な数値ですので、産業用として導入するのでなければ、たいていが余剰電力買取制度が適用されることになります。

また、余剰電力買取制度は売電期間が10年間ですが、全量買取制度は20年間と倍の期間が設定されています。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ