太陽光発電、10年、20年後どうなってる?

090936_R

太陽光発電はどのくらい活用できる?

太陽光発電は、一度設置すれば何十年と使用できるものです。

太陽光発電システムを導入するときは、数百万円もの費用がかかるケースが少なくありませんが、設置後に売電によって収入が得られたり、電気料金を削減できるなどを考えれば設置後のメリットは十分にあると言えます。

ただし、導入を今ご検討されている方にとっては、果たして本当に10年後、20年後も使い続けられるのだろうか?
売電によって安定した収入が得られるのだろうか?ということに不安を感じている方もいるでしょう。

また、その点がはっきり分からない以上、設置に踏み切れないと思っている方もいるはずです。
正直なことを言えば、この先のことは誰にもわかりません。

しかし、太陽光発電の設置においては、この先の未来を具体的に「予測」して検討していくことが必要です。
すでに設置されているご家庭や企業は、将来を見通して、じっくり考え抜いた末に設置を決めているに違いありません。

施工業者選びが重要

太陽光発電システムの導入を決意したなら、次にすることは施工業者の選定です。
どの施工業者に依頼するか、ここで過ちをおかしてしまうと、どれだけじっくり将来のことを考えていたとしても、予測したとおりに事が運ばないという困った事態になってしまいます。
なぜなら、きちんとした工事を行わない業者だったり、メンテナンスが不十分な業者に依頼してしまったなら、10年を待たずに故障した、うまく発電しない・・・などのトラブルが起こる可能性が高くなるからです。

売電価格が保証されている

国の制度に、家庭用なら10年間、産業用なら20年間という長期にわたって一定の売電価格を保証する制度が設けられています。
この制度が設置する際の安心感につながっていることは間違いありませんが、では10年後、20年後の売電価格はどうなるの?と気になる方は多いでしょう。

専門家の予想では、売電価格と買取価格が同じになるのでは?と言われています。
しかし、その前の10年間、もしくは20年間の売電によって初期費用のもとがとれる可能性は十分にあります。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ