太陽光発電の売電価格はいくらなの?

ca58c53de522858694c1391741cbb244_s

太陽光発電の売電について知ろう

これから家を建てる方や、リフォームを検討されている方は、太陽光発電の設置について検討されている方が多いはずです。
しかし、太陽光発電パネルを設置すると自宅で電気が作れるということは分かっても、それ以上に具体的なことがよく分からない方もいらっしゃるでしょう。

また、太陽光発電を設置すれば電気が余ったら売ってお金にできますが、ではいくらで売れるのか?という事がよく分からない方もたくさんいます。
そこで、太陽光発電によって作りだした電気を売った場合の価格(=売電価格)についてご説明していきます。

1kWhあたり37円で売れる!

太陽光発電システムをご家庭で設置する場合、ほとんどが10kW未満の設置容量になっています。
設置容量が10kW以上となるケースは産業用、工場やマンションなど大規模な屋根に設置する場合です。

ここでは、住宅用の10kW未満の設置容量の売電について話を進めていきます。

10kW未満の場合、1kWhあたりの売電価格は、2014年4月から2015年3月までの設置で税込み37円となっています。
この価格、いったい安いのか高いのか・・・よく分からないですよね。
そこで、通常、電力会社から電気を買って使っている場合の料金と比較してみましょう。

電力会社や契約内容によって電気料金には差はあるものの、大体25円前後です。
つまり、太陽光発電システムで作り、余った分の電気は37円で売ることができますが、電力会社から電気を買って使う場合は25円です。
明らかに売電すると得なことが分かります。

売電価格は変化する?

37円という売電価格が、世の中の状況によって、その都度変化するのでは?
と疑問に思う方もいるかもしれません。
しかし、どうぞご安心を。

設置から10年間は、この37円という売電価格が固定されています。

つまり、電力会社が電気代を値上げしようと、ますます不景気になろうと、売電価格には10年間影響しないということです。
必要な電気量すべてが自宅の太陽光発電によって作れるとは限りませんが、月々の電気代が大幅に削減できることは間違いありませんし、売電によって収入を得られることが設置の大きなメリットです。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ