太陽光発電の発電量で自宅の電気をまかなえるの?

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

気になる太陽光発電システムの発電量

太陽光発電の設置をご検討中の皆さまが、もっとも気になることといえば、「どのくらいの量の電気が作れるか?」という点ではないでしょうか。

太陽光発電システムの導入費用は決して安いものではありません。
お金をかけて設置するものですから、その後予想していたよりも電気が作れないとなったら・・・かなりショックです。
太陽光発電システムの導入を考えたなら、まずはじめに発電量を試算することが重要になります。

地域や環境によって発電量はさまざま

『我が家で導入した場合は発電量がどのくらいになるのか?』という疑問、実は地域によって、屋根の方角によってなどで大きく変わってきます。
雨が多い地域と晴れが多い地域とでは、発電量が異なることは容易に想像できるでしょう。

また、同じ地域であっても、隣に大きなマンションが建っている家と、周辺に空き地が多い家とでは、やはり発電量に差が出てきます。
このように、発電量というのは、それぞれの環境によってかなり差があることをはじめに理解しておく必要があります。

「ご近所の○○さんの家ではたくさん電気が作れるのに、どうしてうちは違うの?!」と、業者にクレームをつける方もいるようですが、事前にしっかり発電量をチェックしておくことで、予定通りの発電量となりあとあと後悔することもないはずです。

業者に試算してもらおう

では、発電量はどうやって試算できるのでしょうか。
ネットで簡単に調べることができますが、やはり具体的な数値を知るためには、施工業者に来てもらい、詳しく調査してもらうことが大切です。

また、業者によって試算の数値に差があるでしょうし、どのメーカーの設備を使うのかによっても変化があります。
無料で試算を行ってくれる業者はたくさんありますので、いくつかの業者に依頼をして比較することをお勧めします。

地域によって、環境によって大きく異なる発電量ですが、自宅で使う電気を丸ごとまかなえ、なおかつ余った分を売ってお金にしている方もたくさんいます。
電気料金ゼロ円、さらに売電によって収入も得られる可能性は充分あります。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ