太陽光発電の2015年危機とは何か

52df3275c7e438d5e2f5ef349359e46b_s

2015年問題とは何だろう?

太陽光発電について調べていくと、2015年問題というテーマで太陽光発電について取り上げられていることに気がつくでしょう。
2015年問題と言われても具体的に何が問題なのかピンとこないかもしれません。
なぜなら、太陽光発電の普及はどんどん広がっていて、家庭でも企業でも積極的に導入を行っているからです。

今後も順調に導入数が伸びていきそうな気がしますが、なぜ2015年が危機と言われるのでしょうか。
具体的な理由を考えていきましょう。

売電価格が下がる?!

まずひとつめに、売電価格についての危惧があります。
太陽光発電のメリットの一つが、売電して収入を得られることですが、この売電価格は、導入時に定められている金額が制度によって保証されています。
2014年度の場合、家庭用なら10年間、産業用なら20年間という長期にわたって、一定の売電価格が保証されています。
具体的な金額は、家庭用で1kWhあたり税込37円、産業用は1kWhあたり税抜き32円となっています。

しかし、2013年度、2012年度とよりも売電価格は下がっていますし、2012年度からの3年間は、特に設置側の利潤を求める方針が決められていましたが、3年が経過した後にどうなるか・・・この点が危惧されていることの一つです。

少なくなる補助金制度

他に、補助金制度の減少という点も2015年危機のひとつに含まれています。

過去の様々な補助金制度と現在の補助金制度について比べると、徐々に内容が薄くなっていることが分かります。
自治体でもさまざまな補助金制度を設けていましたが、これらも廃止されたり新たな補助金制度が作られないといった現状になってきています。

これらのことを考えると、2015年、そしてそれ以降、ますます太陽光発電の導入をあきらめてしまう、先延ばしにしてしまうことが考えられるのです。ただし、太陽光発電そのもののメリットは十分にあります。
地球にやさしく、電気代の削減にもつながる・・・これらのメリットと2015年危機とを踏まえて、検討していきましょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ