産業用太陽光発電のメリット、デメリットは?

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

普及していく産業用太陽光発電

太陽光発電システムは、大きく分けると2つに分類できます。
分類する基準となるのが、太陽光の発電量です。

10kW以上になると産業用、10kW未満が家庭用になります。

現在は、産業用太陽光発電の導入をはじめる企業がどんどん増えていますが、なぜ普及が進んでいるのか?
と言えば、やはり、企業側に導入するメリットが大きいからでしょう。

では、どのようなメリットがあるのでしょうか。
また、その反対にデメリットはあるのか・・・この点を詳しくみていきましょう。

産業用太陽光発電のメリット

まず、産業用太陽光発電のメリットですが、一番大きいのが、産業用の太陽光発電に設けられている売電のシステムにあります。

10kW未満の家庭用における買電では、電気を作ったらまず家庭内で使用し、余った分だけを売ることができる「余剰電力買取制度」が適用されます。
ところが、10kW以上の産業用になると、制度がかわり「全量買取制度」が適用されます。
全量・・・つまり、作られた電気をすべて売電できるということです。

さらには、導入時に設定されている売電価格が20年間変わることなく適用されるのですから、安定した収入が得られる仕組みになっています。
また、導入時には資金が必要となりますが、一度導入が終われば、定期的なメンテナンスを除けば、特別にしなければならないことがあまりありません。
導入後は手をかけることなく、ひたすら電気を作って売電し、収入源となるのです。

産業用太陽光発電のデメリット

大きなメリットがある産業用太陽光発電ですが、デメリットはあるのでしょうか。
まず、大規模な敷地が必要であることと導入に資金が必要なことがあげられます。
また、予測不可能な大雨や天候不良などが続き、予想していたほどのも発電量が見込めない年があることも考えられます。

産業用太陽光発電を導入する前に、綿密な試算を出し、将来どのくらいの利益が出るのか?をよく検討しておくことが大切です。
そのためには数十年にも渡って良い関係性を保っていけるような、信頼できる施工業者を見つけることが大切です。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ