太陽電池の単結晶と多結晶の違い

db242d44d42ddf9da0d19572bf5692fb_s

単結晶シリコンの特徴とは

太陽光発電について調べていると、太陽電池モジュールや単結晶・多結晶といった言葉をよく耳にします。
溶けたシリコンを固めたものが単結晶・多結晶になりますが、製造方法によって単結晶・多結晶という違いが出てきます。

まずは単結晶ですが、太陽電池においては単結晶シリコンは古くから用いられてきたため、実績も多くあります。
単結晶にすることで、シリコン原子に規則性が生まれ、純度の高いパワーを発揮できるのです。
これにより、すぐれた変換効率を発揮することができます。
また単結晶であることにより、モジュール表面の美しさも発揮されます。
しかしシリコンの純度を高くしなければならず、それに伴いコストもアップしてしまうというデメリットもあります。

多結晶シリコンの特徴とは

多結晶シリコンは、単結晶よりも低コストで生産しようという目的により生まれたものです。

製造過程においてシリコンなどの再利用が可能になるため、コストカット・大量生産を実現することができました。
それが実現できるということは、販売価格も下げることができるということでもあります。
ただ発電量という面から比較すると、単結晶のほうが上回るとも考えられています。

しかし実験によっては、単結晶・多結晶でも発電量はほぼ変わりないという結果になることもあるため、考え方も人によって分かれてきそうです。

導入費用と発電・変換効率

製造工程などによる問題から、導入費用に関しては単結晶シリコンを用いたものが上回ってしまいます。
ただ変換効率や発電量では単結晶のほうがやや上回るという見方があるため、導入費用を回収できるのは単結晶のほうが早いかもしれません。

しかし今の時代、住宅用の太陽光発電に関しては多結晶シリコンの割合が90%程度にも上るとされており、単結晶シリコンのものはそもそも見つけるのが難しいとさえ言えます。

また、太陽光発電システムを提供するメーカーによってもその製品の性能には違いが出てくるでしょう。
もちろんどのメーカーもいかに効率的な発電をするかといったことに着目して製品づくりをしていますが、それでもメーカー差というのは多少出てくるものです。
そして最初の段階では、まずは太陽光発電システムの設置にはどの程度の費用がかかるものなのかを、だいたいでも知っておきたいというのが本音なのではないでしょうか。

そのためには、無料一括見積もりなどを利用するのもおすすめです。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ