自然災害と太陽光発電

cee3c36e7f623dff99724e635000ef97_s
太陽光発電で自然災害に備える

今の日本では、いつどんな自然災害が起こっても不思議ではないくらい、自然災害が頻発しています。
いつ何があってもいいように・・・と、太陽光発電システムの導入を検討している方もたくさんいるでしょう。

太陽光発電システムがあれば、たとえ停電が続いても、太陽の光があれば電気を使えますから、災害時の備えとして充分な活躍が期待できます。

自然災害がソーラーパネルにどう影響するか

しかし、自然災害によって、ソーラーパネルそのものが破壊されたり、故障するようなケースがあるのではないか?という不安をお持ちの方もいるでしょう。

ソーラーパネルは屋根に設置するケースが大半ですが、
もし落雷でダメになったら・・・とか、地震が起きてパネルが崩れおちてしまうのでは?!
などという不安を考え出せばきりがありません。

もし大きな地震があって、家そのものが壊れてしまうくらいひどい影響を受けたなら、太陽光発電システムへの影響も避けられないでしょうが、大きな災害でない限りは、ちょっとのことで破壊したり壊れたりといった心配がないように作られています。

自然災害と太陽光発電システム

まず、荒れた天気の日に多い雷ですが、落雷でショートしたらどうしよう?と不安になるかもしれません。

太陽光発電には雷の電気を受け流す仕組みが備わっていますが、ひどい場合は、システムの一部に影響がでる可能性もあります。
自然災害なだけに防ぎようのないことですが、メーカーや施工業者の保証がしっかりしていれば、無償で修理が可能でしょう。

続いて、雪が降る地域では、屋根に積もった雪の重みで破損してしまうのでは?といった心配もあります。
しかし、ソーラーパネルには雪が滑り落ちるようにコーティングされているため積もりにくく、積もったとしても発電すれば雪も熱で溶けていくので、積雪での破損はそれほど心配する必要はありません。

自然災害の被害を最小限に抑えるには

では、台風はどうでしょうか。
実は、設置の際、地上から15mの高さに設置する場合は、風速60メートルにも耐えられるように設置しなければならないという決まりがあります。
風速60メートルというとかなりの強風レベルですので、相当に強力な台風でない限りは、パネルが飛ばされるなどの心配もないでしょう。

自然災害を避けることはできなくても、きちんとした施工を行う業者に設置を依頼することで、災害時の被害を最小限に抑えられる可能性は高いです。
また、自然災害で太陽光発電システムがどう影響するか?といった危険についても熟知しておくことが重要です。

信頼できる施工業者を見つけ、自然災害が発生した場合についての相談もしておくとさらに安心です。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ