産業用太陽光発電の融資を受けるには?

fece403a7261ca83c6eea638e96d3fa0_s

産業用太陽光発電という投資をするために

産業用太陽光発電も企業にとってはある種の投資となります。
そして産業用太陽光発電ともなれば、導入費用も家庭用のそれとは比べものにならないほど高価になっていくでしょう。
だからこそ、多くの企業がその導入にあたって融資を受けることになります。

しかしその融資も、簡単にいくとは限りません。
融資をすることのメリットや安心して貸せるという信頼感などが得られなければ、お金を貸す側もなかなか融資には踏み切らないでしょう。
その産業用太陽光発電の融資には、いったいどんなものがあるのでしょうか。

産業用太陽光発電のための融資

・公的融資

日本政策金融公庫からの融資が、この公的融資になります。
この融資の場合は15年返済となり、金利はおよそ1.25~2%というように低金利が設定されています。
ですが低金利での融資を実現するためには、詳しい事業計画書だったり返済計画書だったりを用意しなければならないため、手続きは複雑と言われます。

・銀行からの融資

公的融資に比べると銀行からの融資では金利が高くなりますが、それでもトータルで考えれば金利はそれほど高いわけではありません。
もちろん銀行からの融資でも審査をパスする必要がありますから、予定などにも余裕を持たせて計画的に融資に向けた活動を進めていく必要があります。

ソーラーローンという選択肢

ソーラーローンを提供する信販会社や銀行も少なくありません。
ソーラーローンは融資の難易度で言えば一番低いですが、その分金利も高めであることも特徴です。

金利はだいたい2~4%に設定されています。
もし公的融資も銀行からの融資もダメだったというときには、最終的にはこのソーラーローンが選択肢として残ってくるでしょう。
ただ金利が高めですから、よほど余裕がない場合をのぞいては最初からソーラーローン一本に絞るというのは得策でないと言えます。

どの程度の導入費用がかかるのか

産業用太陽光発電の導入費用がどの程度かというのは、専門家でもない限り想像してみるだけではまったくわかりません。
導入規模などによって費用も大きく変わってくるでしょうから、その点を前もって考えておき、どの程度の融資があれば導入が可能なのかを具体的に考えていくことが大切になります。

もちろん、産業用太陽光発電の導入にあたってはどのメーカーの太陽光発電をどこに施工してもらうのかということも重要です。
さまざまな点を比較し、よりよい計画を立てていきましょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ