耐用年数はどれくらい?

1fa9bbcdbda262938165de25c7dbec9c_s

法廷耐用年数とは

太陽光発電システムは、一度導入をしたならば、長い年月ずっと使っていきたいものですね。
せっかく高額な費用を投入して設置をしたのに、10年もたたずに故障してしまった・・・などという残念なことだけは避けたいですね。

太陽光発電システムの耐用年数については、法律で決められています。
国税庁のホームページを見てみると、太陽光発電の耐用年数について知ることができます。

産業用の場合は9年、住宅用の場合は17年となっています。
この数値は固定資産税の償却資産と関係していて、減価償却として17年間耐用できるという意味合いです。
ですので、太陽光発電システムは少なくとも17年は壊れる心配がないといった間違った解釈はしないよう、お気を付けください。

太陽光発電システムはどのくらい持つ?

太陽光発電システムは20年~30年ほどもつと考えられていますが、メーカーによって異なりますし、施工業者の腕前によっては、修理が早くから必要になるケースもあるでしょう。

また、パワーコンディショナーという、ソーラーパネルで生み出した電力を、家庭で使える交流に変換する機器においては、耐用年数は約10年と言われています。
また、蓄電池においてはそれ以下と言われています。

太陽光発電システムそのものは、20年、30年と利用できるものであっても、システムを構築しているひとつひとつの機器や部品については、それぞれ耐用年数は違うというのが実際のところです。

メーカーの保証期間に注目

太陽光発電システムを長期にわたり、快適に利用していくためには、メーカーの保証が長い、施工業者のメンテナンスが充実しているといった点を考慮して、太陽光発電の導入について検討していくことが大切です。

メーカーの保証が長ければ、保証期間内に無償で修理や交換をしてもらえますが、そうでなければ実費で直さなければなりません。
例え、不満があっても、保証がなければ費用はこちら側が支払わなければならないのです。

施工業者選びは慎重に

また、施工業者にも同じことが言えます。
施工業者には、メンテナンスが充実しているところ、ほとんどサービスがないところなど様々な特徴があります。
施工の費用が一番安かったからという理由で選んでしまうと、後になってトラブルが発生するかもしれません。

もちろん設置費用を検討することも大切ですが、安さばかりにこだわることはやめて総合的に判断して、どのメーカー、どの業者がいちばん信頼できるか?をじっくり検討していきましょう。

複数の太陽光発電の施工業者から一度に見積もりがとれるサイトもあるので、いろいろな業者を比較して考えてみてください。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ