分譲太陽光発電について教えて

3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_s

分譲太陽光発電という投資

分譲型の太陽光発電とは、太陽光発電と土地とメンテナンスがセットになったものです。
つまり、住宅の屋根に太陽光発電を設置するのとは少し訳が違います。

太陽光発電に適した土地を所有しているのなら、そこにどどんと太陽光発電システムを導入するということも可能になりますが、誰もがそこまでの土地を持っている訳ではありません。
しかし分譲太陽光発電であれば、土地を所有していなくても太陽光発電システムのオーナーになることができるのです。

新しい投資を模索中の方に

分譲太陽光発電のメリットは、まず投資目的の土地を持っていなくても投資ができるという点にあります。
また自己資金なしでのスタートが可能なシステムもあるため、投資費用の調達に苦戦することもありません。

そして不動産投資であれば、空き室ばかりになるとそれに伴うリスクも生じてきますが、分譲太陽光発電ですとそういった面でのリスクはゼロということになります。
さらには利回りは年10%前後となっていますので、これも注目すべき点なのではないでしょうか。

リスクにも目を向けよう

しかしこれも投資な訳ですから、もちろんリスクはあります。
その一つが自然災害によるリスクです。

分譲太陽光発電でも、それを考慮した保険を提供していることもあるのですが、その保険ですべての自然災害に対応できるとは限りません。
水害や地震だと被害があっても保険金が出ないなんてこともあるようで、そうなればそれらもカバーするためにまた別の保険へと加入する必要性も出てきます。

また、ソーラーパネルのメーカーが倒産してしまうという可能性もゼロではありません。
いろいろなメーカーがソーラーパネルを作っている訳ですし、中には企業としての体力に乏しい企業もあるでしょう。
この他にもリスクはいろいろと考えられるので、ご検討の際には分譲太陽光発電を提供する業者スタッフなどに詳しく話を聞くことが大切です。

分譲太陽光発電でも比較が大事

家庭用の太陽光発電を導入しようという場合でも、いろいろなメーカーのシステムの特徴や費用などを比較するはずです。
分譲太陽光発電では、家庭用以上の導入コストがかかるケースが多いでしょうから、家庭用以上に比較をじっくりと行っていく必要がありそうです。
また販売場所については、お住まいの地域から近くなくても別に構わないはずです。

近いほうが安心かもしれませんが、さまざまな地域を視野に入れたほうが選択肢も広がってくるでしょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ