オフグリッドソーラーとは何か?

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

オフグリットソーラーの意味

太陽光発電について調べていくと、オフグリットソーラーという言葉が目に飛び込んでくるかもしれません。
「オフグリットソーラーとはどういう意味だろう?」と疑問を抱く方は多いでしょう。
太陽光発電の導入を検討している方は、このオフグリットソーラーについての知識も深めておく必要があります。

システム導入後も電力会社と契約する理由

太陽光発電システムを導入しても、電力会社とは契約をしている方が大半です。
なぜなら、太陽光発電システムでいくら電気が作れるとは言っても、天候によっては充分な電力が作れないこともありますし、夜間は電気を作れませんので、蓄電池がない場合は、電力会社からの電気を使うしか方法はありません。
そのため、電力会社との契約をしないという決断は非常に難しいのです。

電力会社と契約をせず、自分たちで作った電気だけで生活をすることをオフグリットと言います。
オフグリットソーラーとは、そのためのシステムのこと。

電力会社と契約しなくても困ることがない、つまり、天候不順などで充分な電気を作れない日があっても影響が出ない・・・
そんなシステムがオフグリットソーラーなのです。

オフグリットソーラー導入の難しさ

上記のような話を聞けばだれしもオフグリットソーラーに憧れるはずです。

電力会社と契約しているだけで、基本料金は必ず発生しますから、ひどく無駄なお金だなと感じるかもしれません。

しかし、オフグリッドソーラーはどの家庭でも簡単に導入できるものではありません。

というのも、夜間に使う電気を貯めておく蓄電池の導入が必須になりますが、蓄電池そのものが高く、そして寿命が短いというデメリットがあるのです。
また、各ご家庭の屋根の向きや方角などによって、作れる電気の量は様々なため、電気を効率よく生み出せない環境では、オフグリットを実現するのはかなり難しいというのが現実です。

まずは施工業者に相談しよう

オフグリッドソーラーに興味がある方は、まずは太陽光発電システムの施工業者に相談することをお勧めします。
自分たちであれこれ考えているよりも、太陽光発電に関する知識が豊富で、設置の実績もたくさんあるような業者に相談したほうが確実な答えが出るでしょう。

大切なことは、どの施工業者に相談するかということです。
たくさんの業者がある中で、ここ!と自信をもって指定できる業者を知っている方は少ないはずです。
色々な業者を比較し、ここなら安心して相談できるという業者を選ぶことが何よりも大切です。
そこで、オフグリッドソーラーについて相談をすれば、実現が可能かどうかを具体的に検討していくことができるでしょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ