太陽電池モジュールの種類

15c5d6ce8443a0a58ff87a54c9be83de_s

太陽電池モジュールについて知る

太陽電池モジュールはソーラーパネルなどとも言われるもので、この太陽電池モジュールはセルという小さな四角形が規則性をもって並べられてできています。
セルがそれぞれ太陽電池としての力を発揮します。
この太陽電池にも何種類か存在するので、以下でひとつひとつ見ていきましょう。

まず、単結晶シリコン太陽電池について説明します。
これはいちばん古くから使われている太陽電池で、発電効率に優れているという特徴があります。
しかし製造コストが高いため、コストパフォーマンスはどうなのかという疑念が出てきます。

多結晶の他にも存在する太陽電池

次に、多結晶シリコン太陽電池について説明します。
多結晶であれば単結晶よりも簡単に製造ができ、コストカットも実現できます。
セルひとつひとつを見ていくと、発電効率は単結晶が上になりますが、セルを正確にみっちりと敷き詰めれば発電効率もアップさせることができます。
そしてこれは他のタイプに比べると、今いちばん使われる割合が高いタイプになります。

単結晶、多結晶の他にも、薄膜シリコン太陽電池というものがあります。
これは大変薄く作られたシリコン製の膜が用いられたもので、大量生産に適しています。
また将来性への期待が大きいため、今後需要が伸びてくるかもしれません。

太陽電池にもハイブリッドの風が?

非結晶タイプのアモルファスシリコン太陽電池も、低コストでの生産ができ、なおかつ薄く作ることができるという特徴を持っています。
ただ結晶タイプと比べると発電効率が劣ると指摘されています。

最後に紹介したいのが、ハイブリッド太陽電池です。
これは、結晶シリコンとアモルファスシリコンの融合により生まれたもので、ハイブリッドならではの良さが発揮されています。
変換効率を高めるなどの特徴から、有名メーカーによる製造販売も行われています。

太陽電池モジュールで注目したいこと

太陽電池モジュールの中では、以下のようなポイントに注目していくことが大切です。

  • 公称最大出力
  • 変換効率
  • 価格
  • メーカー保証
  • 形の種類

公称最大出力というのは、ひとつの太陽電池モジュールにおける最大出力量を示しています。

また屋根の形もいろいろなので、少し複雑な形をした屋根であれば太陽電池モジュールの形の種類が豊富なメーカーから選んでいくということになります。
この他にも、まだまだ注目したいポイントはあるでしょうから、メーカーのスタッフなどと相談していくことが大切です。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ