基礎テクニック 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

サーフィンの基礎テクニック

波に乗る前には、、正しいライディングポーズ、パドリング、沖へスムーズに出る方法など、サーフィンの基本をマスターすることが上達の近道です。
ここでは、サーフィンの波に乗る前に押さえておきたい基礎テクニックについて解説していきます。

サーフィンの基礎テクニック記事一覧

パドリングが上手く出来ていますか?パドリングは、サーフボードに腹這いになり、両方の腕でこぎながら前に進むことですね。テイクオフも、強いパドリングが出来るようになれば早く出来るようになるものです。まずは、腕のかき方やボードに乗る位置を確実にマスターすることが大切です。やり方としては、ボードに腹這いになり、胸を反らしてボードから離し、顎は少し引き気味にして前方をみます。ボードに腹這いになる時は、必ず身...

ドルフィンスルーが上手く出来ないサーファーも意外に多いですね。サーフィンをする為に沖にでます。これをゲティングアウトと言うのですが、この時にがむしゃらに沖に出ようとしても押し寄せてくる波をくぐりぬけないと体力を消耗するだけで、岸へ戻されてしまいます。そんなゲティングアウト時に使うテクニックの一つがドルフィンスルーで、ボートと体を水中に潜らせ波の下をくぐります。波の大きさに関わらず使え最も一般的なテ...

沖までゲティングアウトしてきたら、自分の乗りたい波を見つけるためにボードにまたがるようにして待っのが波まちですね。パドリングから波待ちに入るには、脇の下のあたりにあるレールを両手で持って、両足を開き太ももでボードを挟むようにして両腕を伸ばすのが基本姿勢です。ですが、レールを持った手でバランスをとろうとすると、余計な力が肩に入ってしまい不安定になります。その為、手ではなく腰でバランスをとるようにし、...

サーフィンでの素早いターン(方向転換)が出来ていますか?ターンは波待ちで体が沖に向かっている状態から、体の向きを変えて岸にボードのノーズを向けて波に乗ることですが、良い波を見つけても素早いターン(方向転換)が出来ないと、せっかくの波を逃してしまう事になりかねません。一般的なターンには、足を水中で動かしながら行うテクニックなどもありますが、初心者でも素早く出来るピポットターンや手を使った簡単に方向転...

テイクオフのコツを知って練習すると上達が早いですね。特に、サーフィン初心者が必ずと言っていいほどぶつかるのがテイクオフのタイミングが掴めないということではないでしょうか?この原因として考えれるのは、サーフボードがスーッと波に押されて走り出す一瞬の感覚が分からないことです。テイクオフのタイミングは、後からくる波にサーフボードが押されると、パドリングの感覚が変わってきてテールが徐々に上にあがってくるよ...

サーフィンでのテイクオフの際の、スタンドアップの練習を自宅で行っていますか?波にサーフボードが乗って走り出し、その上に立ち上がることがテイクオフですが、スタンドアップは簡単そうにみえて意外に難しいものですね。ここでぐずぐずしていると波においていかれるか、タイミングが遅れてパーリングを引き起こしてしまうので、素早いスタンドアップが肝心です。その為、尚更、サーフィン初心者の方なら難しく感じている人も多...

サーフィンを始めたばかりの初心者なら、まずは自分が楽に乗れるスタンスやライディングポーズを、初めにしっかり覚えておくことが大切ですね。そして、ライディングポーズは、リラックスした上半身と膝でバランスを保つことが重要になり、肩幅に足を前後に開き、上半身は顔を正面になるように真っ直ぐに向けるのがの基本です。細かく言えば、背筋を伸ばし、顎を引いて進行方向に顔を向けます。スタンスは両足を平行にするよりも、...

一般的なうねりや、速い波でテイクオフがテイクオが上手く出来ますか?実際にテイクオフする時には,早く掘れてくる波や速い、小さい、大きい波など様々ですね。そして、波の状況に応じて的確に対応できるようになりたいものですが、波の動きに合わせてタイミングをはかるのが基本です。また、一般的な波が崩れる前の水が盛り上がっている状態の綺麗なうねりからのテイクオフは、ボードの走り出しを良くする為に、波と直角になるよ...

サーフィンでのテイクオフのタイミングが上手く掴めていますか?例えば、ショルダーからのテイクオフが上手く出来ない方も少なくありませんが、このような波が崩れよとうしている斜面からのテイクオフで大切になってくるのが、テイクオフを始める位置(場所)ですよね、波が崩れてくるところに近すぎると波に潰されてしまいますし、かといって離れすぎてしまうと波に置いていかれてしまいます。適しているポイントというのは波によ...

サーフィン初心者の方は、まずサーフィンで立つテイクオフの陸上トレーニングをすると良いですね。テイクオフは、パドリングからサーフボードが波に乗ったところで立ち上がりまずが、これはサーフィンの基本であり、ターンや難しい技を今後行う上で不可欠で、最も重要な技術とも言えるからです。そんな不安定なサーフボードの上で立ちあがる為には、正確な素早い動作が必要になります。その為、サーフィン初心者の方は、陸上でスム...

パドリングで上手く波を掴むことが出来ていますか?波に乗ってサーフボードで立ちあがる為には、その下準備として波を掴まなければいけませんね。そして、自分が乗りたい波が来たら、波待ちの姿勢からターンをしてパドリングを始めますが、その際にスピードを上げて波の勢いにサーフボード乗せることがテイクオフが上手くいくポイントです。したがって、波が崩れる少し前の場所で波待ちして、波が押し寄せてきたところでうねりに合...

左右両方でテイクオフが上手く出来ますか?サーフィン初心者がテイクオフをマスターして、ある程度サーフボードの上に立てるようになると、フロントサイドでばかりで行う傾向がありますね。テイクオフで体の正面を波の面に向けて、横方向に進むのがフロントサイドですが、これに対して背中を波の面に向けて進むのがバックサイドでの乗り方になります。この時のスタンスが左足が前に来るレギュラーなら岸に向かって左、右足が前のグ...

テイクオフしてから長く波に乗ることが出来ていますか?上手くテイクオフが出来てサーフボードに立つことが出来るようになったら、バランスを保って長く波に乗っていられるようにしたいですよね。その為には、テイクオフしてからの姿勢が大切になります。当然、波によってサーフボードバランスはまちまちなので、膝を柔軟にして曲げてバランスをとるようにして対応することが欠かせません。更に両方の腕を使い、状況によって広げた...

波に乗り、ボードに立つにはパドリングでのスピードが必要になりますね。何より、サーフィンのテクニックが決まりやすい絶好の波に乗る為には、そのポイントまでパドリングが欠かせませんし、大会などでは相手よりも先に波に乗る為に泳力を強化してスピードアップすることも求められるでしょう。特に水泳のクロールと同じだと思いがちですが、腕のストロークは微妙に違うんですね。ボードの上でも腕がしっかり回り、推進力をアップ...

テイクオフの正しいフォームが出来ていますか?パドリングからサーフボードが波に乗ったところで立ちあがるのがテイクオフですが、これはサーフィンの基本であり、ターンや難しい技を行う為にも欠かせない最も重要とも言える技術ですね。そして、素早く立ち上がるには正確な動作が必要になってくるので、まずは陸上でスムーズに立ち上がれるテイクオフのフォームを身につけると良いです。そうすれば、海に入った時にも上達が早いで...

海に入ったら、闇雲にパドリングをして沖にでれば良いというものではありませんね。まずはサーフィンしやすいポイントとなる目標を決めて、パドリングを開始する必要があります。そして、海では常に崩れた波が押し寄せてくるので、それにぶつかると陸に押し戻されてしまうので、沖に出る為には疲労しないように波を出来るだけ避けて進めることが大切です。その為には、まずは砂浜から波を観察して、波が切れて穏やかな場所を狙って...

サーフボードの選び方はどのようにしていますか?そもそもサーフボードは表面的には1枚の板のように見えますが、各部には名前がついていますね。まず、ボードの形のことをアウトラインといい、先端の部分をノーズ、末端の部分をテールと呼び、この厚みや幅によって動きやスピードが変わってくるので、初心者なら厚めで幅が広いほうが安定しやすいです。また、ノーズからテールまでの長さをレングスといい、これを決めてからサーフ...

リーシュコードの選び方や正しい付け方をご存じですか?リーシュコードは、サーフィンをする上で自分の足とサーフボードを繋ぐギアのような役割をするとても重要なものですね。これを正しく付けていないと、ボードが流されたり、他のサーファーに当たってしまうなど、思わぬ事故に繋がる原因にもなるので、特に初心者の方は注意する必要があります。リーシュコーの選び方は、ボードの種類(ショート、ファン、ロング)と、乗るサイ...

体幹などを鍛える筋力トレーニングを行っていますか?サーフィンの技術の向上をはかるには、海に出て波に乗ることが一番効果的ですが、ある程度のレベルになってくると上達のスピードが遅くなってきます。それと言うのも、テクニックなどの技術の土台ともいえる基礎体力には、限界があり、難易度の高い技などを決めることが出来なくなってくるんですね。そこで重要になってくるのが、波に乗っている時に正しいフォームを維持する為...

スピードが出ないという悩みはありませんか?サーフィンの一番の楽しみは波の上を滑る疾走感でありスピードですよね。上手い人ともなれば、自分で速さをコントロールして効果的に技に繋げています。何より、スピードがないとカットバックなどの殆どの技の見栄えも悪くなりますし、成功しなくなってしまいます。特に身体が小さいサーファーなら体重がなくても迫力がでます。では、実際にどうやってスピードをつけたらいいのでしょう...

ゲティングアウトのルート選びはどのように行っていますか?初心者の方なら、それ以前にどの波に乗れば良いか迷ってしまうことも多いかもしれませんね。何よりサーフィンは、自力で沖へ出なければいけないスポーツなので、出る時間を短縮できれば、ライディング出来るのもおのずと増え、それだけ楽しめます。これはパドリングで沖に出るポイントのところでも触れましたが、海へエントリーする前には、陸上から海全体を眺めて、波の...

テイクオフ時のボードの角度はスタンドアップを決めるには大切になります。ゲティングアウトのパドリングは胸を反らせて行lっている人が多いですが、テイクオフでは頭をサーフボードに近づけてパドリングします。一見、胸を反らしているように見えますが、実は反っていなくて胸をしっかりサーフボードにつけているんですね。ですが、初心者の人ほどパドリングは胸を反らすと勘違いしています。胸を反らすとボードが上がって角度が...

パドリング時のボードに乗る位置はどのようにしていますか?前提条件としてボードのセンターの乗るのは言うまでもありませんが、人の身体は身長や体重もまちまちなので、一概にこの位置に乗れとは言いきれません。ではどうするか?それは、実際に海に入って、サーフボードに腹ばいになって、水面から少しノーズが出ている位置が正しいボードに乗るベストポジションになります。だいたい5〜10センチくらい浮く位置を自分の体格に...

サーフィン初心者がまず乗り始めるのが、腰くらいの小さい波。そんな小波の乗り方が上手く出来ず、すぐにスピードが失速してあまり乗っていることが出来ないという人も少なくないでしょう。安心して乗れはしますが、やはりパワーがないので、如何に最も力のある場所に行ってテイクオフするかがポイントになってきます。そんな最大のスピードを得る小波の乗り方は、崩れそうでくずれないところで立とうとするのではなく、崩れる寸前...

サーフィンにおいて、レールワークは重要ですね。フェイスにレールを入れたり出したりすることで、スピードのコントロールを行うからです。特に波の崩れが速く、テイクオフからボトムに下りてターンしたのでは間に合わないような時には、すぐさま横に進んでレールを素早く出し入れをするアップスを行うと有効です。それには、ボードの上でしゃがんだり伸び上ったりを繰り返すように意識して行うことがレールワークのコツで、膝の動...

サーフィンを楽しむためには波の選び方が大切。波に乗ろうとした時に上手くスピードが出ないということも良くあるかと思います。ライディングの基本は波の動きに合わせてボードをコントロールことなので、波がどのように動くのか読み取れるようになるれるようになりたいものです。とはいえ、同じ形をした波は二つとしてないと言われるほど、波の動きは複雑なので、プロサーファーでさえ完璧に読むことは出来ません。ただ、そこが楽...

サーフィンをする人なら難易度の高い技もいずれは挑戦できるようになりたいと思っている筈。ただ、技術や体力はもちろん必要ですが、それだけでは成功できません。まずはその技が出来る波を選択できることも重要な要素になります。プールと違って海は自然で出来ていますから、必ずしも良い波を掴むことが出来ることは約束されていません。その為、日頃からの練習はもちろん、自分がどのような技が得意で、そのテクニックをどう生か...

サーフィン初心者の方はテイクオフが失敗してしまうことも多いと思います。テイクオフはどんなに上達したサーファーにとっても永遠のテーマ。波のパワーをしっかり受け止めて、波に立たないとサーフィンは始まりませんからね。それにはパドリングやボードでのバランス、波を読み取るなど幾つかの要素を瞬時に済ませなければならないのがテイクオフです。特にテイクオフでのよくやりがちな失敗は波においていかれることでしょう。こ...

page top