スタンドアップ 自宅 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

スタンドアップの練習は自宅でやろう

サーフィンでのテイクオフの際の、スタンドアップの練習を自宅で行っていますか?
波にサーフボードが乗って走り出し、その上に立ち上がることがテイクオフですが、スタンドアップは簡単そうにみえて意外に難しいものですね。

 

 

ここでぐずぐずしていると波においていかれるか、タイミングが遅れてパーリングを引き起こしてしまうので、素早いスタンドアップが肝心です。
その為、尚更、サーフィン初心者の方なら難しく感じている人も多でしょう。

 

 

素早いスタンドアップを可能にするのは練習を地道にするしかありませんが、上半身を反らした時の反動を上手く利用するといいです。
スタンドアップの一連の動作は、まずレールを掴み、腕立て伏せをする時のように腕をプッシュアップして上体を起こし、利き足を後ろにして立ち上がります。これらの動きを瞬時に行わなければいけません。

 

 

そして、海に行かなければサーフィンの練習ができないと思っているなら、それは間違いです。
素早いスタンドアップなどの練習は陸上でも簡単に出来ます。
例えば、サーフィン初心者の方なら、自宅で鏡の前で行うと、各動作や全体のバランスが確認できるのでお勧めです。

 

 

やり方は、わき腹あたりでレールを掴みます。次に腕をプッシュアップしながら上半身を反らせます。
そして、上半身を反った反動を利用して、跳ねるように腰を上げます。(この時に体は宙に一瞬浮くようになります。)
腕に頼りすぎてしまうとバランスが崩れます。

 

 

次に胸と前足の膝をくっつけるつもりで体を曲げ、自分のスタンス位置になるように足をつき、腰をしっかり落として体のバランスをとります。
これらが上手くできれていれば、手からボードを離します。

 

 

以上が、自宅で出来るスタンドアップの練習のやり方です。
いずれにしても、テイクオフでのスタンドアップは、サーフィン初心者もプロもいかに素早くボードに立てるかが全てなので、初心者の方は海に行って初めて行うのではなく、自宅でもしっかり練習しましょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久さん監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、体の使い方や、体重の乗せ方など自宅で1人で練習する上で知っておくと良い内容がわかり、陸上でしっかり練習することで短期間で上達でき、友達に差をつけることが出来るでしょう。

 

自宅でも1人でできる練習法をお教えします!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top