スタンス ライディングポーズ 小川直久 サーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

正しいスタンスとライディングポーズ

サーフィンを始めたばかりの初心者なら、まずは自分が楽に乗れるスタンスやライディングポーズを、初めにしっかり覚えておくことが大切ですね。

 

 

そして、ライディングポーズは、リラックスした上半身と膝でバランスを保つことが重要になり、肩幅に足を前後に開き、上半身は顔を正面になるように真っ直ぐに向けるのがの基本です。

 

 

細かく言えば、背筋を伸ばし、顎を引いて進行方向に顔を向けます。スタンスは両足を平行にするよりも、前足の先端を少しノーズ寄りに開く感じにします。

 

 

そして、後ろ足は前足よりも低くなるように曲げ、目安としては後ろ足の膝を90度くらい曲げて、上半身に無駄な力を入れないようにして、膝を使ってバランスをとると良いでしょう。

 

 

また、この時のスタンスの種類は二通りあります。
一つ目は前に左足が来るレギュラースタンス、もう一つは右足が前に来るグーフィースタンスです。

 

 

一般的にサーフィンでは、利き足が後ろにくるようにしますが、特にこだわる必要はなく、左右両方の足を試してみて自分でやりやすい方で行えば良いです。
足の位置はボードの中央部のストリンガーの上に両足を置いて、サイドフィン上あたりに後ろ足がくるようにするのが一般的です。

 

 

また、基本のスタンス幅はバランスコントロールする腰と膝が滑らかに動かしやすい肩幅が基本になり、前後のバランスは上半身ではなく、腰を動かして重心を移動させます。
例えば、後ろに重心を移動させてバランスをとる場合なら、、後ろ足を深く曲げてボードのテールを沈ませれば減速しますい、逆に前に体重を乗せれば、ボードで最も幅が広い部分であるボトムで海面を捉えるようになるので加速がつき、スピードが出るようになります。

 

 

なお、左右のバランスは波の動きに合わせて、膝を使って重心をつま先、かかと側へ体重を移動させます。
右足が後ろにくるレギュラースタンスの場合なら、右へ体重移動するならつま先側へ、左ならかかと側に体重を移すようにします。

 

 

いずれにせよ、姿勢を上手く決めることが出来ないと体のバランスコントロールがうまくとれず、安定したライディングが出来ず、右へ左へとターンも出来ません。
その為、サーフィン初心者は初めにきちんとしたフォームを身体に覚えさせることが大切です。
後から悪い癖を直すのは難しく、上達もそれだけ遅くなってしまいます。

 

 

その為、こうしたスタンスとライディングポーズは海に入る前に、自宅の鏡を使って確認しながら練習すると効果的です。
背中が曲がって猫背になっていないか、膝は90度曲がっているか、頭を垂直に保っているかなどを確認しながら、正しいライでイングポーズやスタンスを保てる練習を繰り返すと良いですね。

 

 

このように海に入る前に陸上でしっかり練習して、身体に覚え込ませておくことで、上達がより早まるでしょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久さん監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、陸上でのイメージトレーニングなど、海に行く前に一人で出来るものも多く、初心者からでも最短でボードの中心に乗れるようになり、自分の思い描いたライディングが出来るようになれるでしょう。

 

自宅で出来るボードの上にうまく乗るトレーニングとは?

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top