テイクオフ 姿勢 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

テイクオフしてからの姿勢

テイクオフしてから長く波に乗ることが出来ていますか?
上手くテイクオフが出来てサーフボードに立つことが出来るようになったら、バランスを保って長く波に乗っていられるようにしたいですよね。

 

 

その為には、テイクオフしてからの姿勢が大切になります。
当然、波によってサーフボードバランスはまちまちなので、膝を柔軟にして曲げてバランスをとるようにして対応することが欠かせません。

 

 

更に両方の腕を使い、状況によって広げたりして安定させると良いです。
左右へのふらつきも抑えられて、自分の行きたいコースに進むことが出来るようになります。

 

 

この時には上半身は進行方向に向け、目線は数メートル先を見るようにするのが基本です。
そうすることでバランスも取りやすくなりますし、スピードも保て、視野が広がり波の変化にも対応しやすくなるでしょう。

 

 

そして、波の勢いがなくなってきたところで、波の裏側にターンして入り込むプルアウトで安全に着水します。そのまま続けてやるなら沖に行き、やめるならパドリングで岸に向かいます。

 

 

また、波に乗ったら浅瀬まで進むのがセオリーですが、プルアウトで途中で下りることも出来ます。
波を待つ沖まで戻りやすくやすくなりますし、体力を消耗しないですみますね。
更に他のサーファーとぶつかりそうになった時や、障害物などを避ける際にも必要になってくるので、初心者の今のうちに習得しておきましょう。

 

 

どちらにしても、サーフィンはどれだけ長く波に乗っていられるかで、楽しさも大きく違ってくるので、テイクオフしてからの姿勢などの波に乗るコツを掴んだら、ターンを駆使して、より長い時間、波に乗れるように練習するようにしましょう。

 

 

なお、サーフィン初心者の方は、まずは波の下の部分で行うボトムターンがら行い、それが上手く出来るようになったら、今度は波の上側でトップターンをやるようにすれば、技のバリーエーションも広がり、サーフィンの技術も向上してくるでしょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、テイクオフしてからの頭の位置や体の位置、目線など理想的な正しい姿勢を映像で分かりやすく学べ、より長く波に乗って楽しむことが出来るようになれるでしょう。

 

プロが教える初心者からでも最短で安全に上達出来る方法

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top