パドリング 練習 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人

パドリングの練習

波に乗り、ボードに立つにはパドリングでのスピードが必要になりますね。
何より、サーフィンのテクニックが決まりやすい絶好の波に乗る為には、そのポイントまでパドリングが欠かせませんし、大会などでは相手よりも先に波に乗る為に泳力を強化してスピードアップすることも求められるでしょう。

 

 

特に水泳のクロールと同じだと思いがちですが、腕のストロークは微妙に違うんですね。
ボードの上でも腕がしっかり回り、推進力をアップする為にも正しいフォームを理解することが大切です。

 

 

そんなパドリングの練習としては、プールでビート板をサーフボードに見立ててトレーニングすると効果的です。
最初は、ビート板の上に腹ばいになって押し出すように行うと良いでしょう。

 

 

そして、水を掴むキャッチでは、肘を伸ばして水を掴んで、そのまま後ろに水を押し出すようにして推進力を得るようにします。
ですが、クロールのように体の軸が左右にローリングしてしまうと、サーフボードが左右に傾いて推進力が減りスピードも落ちるので、体の軸を保って腕を回すようにしましょう。

 

 

更に、ビート板なしでパドリングの練習は、スピードアップや持久力の強化にも効果的です。
当然、ビート板がなくなると浮力がなくなくなるので、それだけ効率の良いパドリングをしないと前に進んでくれません。

 

 

その為、上半身を出来るだけ水面から出して、真っ直ぐに背筋を保ったまま腕を回すようにし、回転数を上げればスピードアップも出来ます。
ただ、水をキャッチする腕が水中に入り過ぎてしまうと、体全体が沈んでしまうので、体の軸を保ったまま水面を切るような感じで効率よく腕を回しましょう。

 

 

海に行くことが出来ないような日にはプールで行うようにすれば、パドリング強化の良い練習になるでしょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、絶好のポジションを取るためのスピードアップする為のパドリングに乗る位置(姿勢)、手のひらの形、水のかき方、練習(トレーニング)が分かるのはもちろん、ボードの上で足はどうするのがいいのか、初心者が注意すべき点も学べます。

バランスが悪く思うようにパドリングが進まないなど悩みがある人は、これを知れば他の人よりも疲れずにスピードが速くなるので必見です。

 

プロが教える初心者からでも最短で安全に上達出来る方法

パドリングの時、初心者は板の上で足はどうするのが良いのか?

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top