テイクオフ フォーム 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

テイクオフの正しいフォーム

テイクオフの正しいフォームが出来ていますか?
パドリングからサーフボードが波に乗ったところで立ちあがるのがテイクオフですが、これはサーフィンの基本であり、ターンや難しい技を行う為にも欠かせない最も重要とも言える技術ですね。

 

 

そして、素早く立ち上がるには正確な動作が必要になってくるので、まずは陸上でスムーズに立ち上がれるテイクオフのフォームを身につけると良いです。
そうすれば、海に入った時にも上達が早いでしょう。

 

 

そんなテイクオフの流れとしては、はじめにパドリングの姿勢からサーフボードに両手をつき、次に上半身を持ち上げて前足、後ろの足の順で足をついてスタンスし、バランスを崩さないようにして立ち上がり半身の姿勢になります。

 

 

また、この時のボードに手をつく位置が大切ですが、良くある間違いが顔の横あたりの前の位置に手をついて行っている人も多いですが、そうするとより筋力が必要ですし、何よりその次の動作で足を運びにくく、スタンスが作りづらいのです。

 

 

更に、バラスを維持しようとして、横からボードを握ってしまう人もいますが、そうすると手に力も入って立ち上がりづらくなります。
正しい手をつく位置は、脇ないしは胸の横あたりの位置に両手のひらをおいて、押さえるようにして立ちあがるのが正しいです。

 

 

したがって、テイクオフの正しいフォームや動作としては、パドリングの姿勢から両手を胸の横につき、肘を伸ばして上半身を持ち上げます。
そして、前足をボードの中心より少し前におき、後ろ足をフィンのあたりに置いて立ちあがるようにしましょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、ボードに手のつく位置などテイクオフの正しいフォームや動作が身につくのはもちろん、ボードの上に上手く乗る陸上トレーニングも紹介してあるので、この機会にしっかり映像を見てコツなどを掴んで練習すれば、初心者からでも短期間で格好よく立ち上がれるようになれ、その後の上達も早くなるでしょう。

 

プロが教える初心者からでも最短で安全に上達出来る方法

自宅でも出来るテイクオフの練習法をお教えします。

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top