サーフボード 選び方 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

初心者のサーフボードの選び方

サーフボードの選び方はどのようにしていますか?
そもそもサーフボードは表面的には1枚の板のように見えますが、各部には名前がついていますね。

 

 

まず、ボードの形のことをアウトラインといい、先端の部分をノーズ、末端の部分をテールと呼び、この厚みや幅によって動きやスピードが変わってくるので、初心者なら厚めで幅が広いほうが安定しやすいです。
また、ノーズからテールまでの長さをレングスといい、これを決めてからサーフボードを選ぶことが大切です。

 

 

そして、サーフボードの種類には主にショート、ファン、ロングボードの3つあり、サーファーの中で現在主流となっているのがショートボードです。
これはノーズが尖っていてシャープな形状で、一般的には中級者向けと言われています。

 

 

ファンボードは、ショートとロングボードの中間くらいのサイズになり、ある程度長さもあるので安定感があり、操作性もショートボードに近いので、楽しみたい初心者や女性にも向いているでしょう。

 

 

ロングボードは、長さが9フィート(約274cm)以上ある大きなサーフボードになり、操作性はショートボードより劣りますが、大きい分だけ浮力が大きくなりゆったりと波に乗ることが出来るので、レベルをあまり気にせずに乗れます。
但し、荒れた波の時は、、ロングボードなどでは沖に出るのに大変になり、サーフボードの取扱いが難しいので、ファンボード、多少乗れる方ならショートボードがお勧めです。

 

 

いずれにしても、サーフボードは安価で購入できるものではないので、初心者の場合はレンタルを利用したり、中古品を購入しても良いかもしれませんね。
レベルがあがるにつれて、品質がいいものや高性能のものに買い替えるのも、一つのサーフボードの選び方です。

 

 

なお、インターネットでの購入は実物が確認出来ないので、サーフィンの知識が豊富な店員さんがいるショップを選ぶと参考になるアドバイスをもらえるでしょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、初心者がその日に始めてやる際、ビーチの近くでレンタルボードを借りるような場合の、波の状態によってのサーフボードの選び方が紹介してあります。

レベルに合ったアイテムでテクニックなどの上達するスピードが変わってくるので、その日のうちにテイクオフもマスター出来るでしょう。

 

プロが教える初心者からでも最短で効率よく上達出来る方法

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top