スピード 出し方 コツ 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

スピードの出し方のコツ

スピードが出ないという悩みはありませんか?
サーフィンの一番の楽しみは波の上を滑る疾走感でありスピードですよね。

 

 

上手い人ともなれば、自分で速さをコントロールして効果的に技に繋げています。
何より、スピードがないとカットバックなどの殆どの技の見栄えも悪くなりますし、成功しなくなってしまいます。

 

 

特に身体が小さいサーファーなら体重がなくても迫力がでます。
では、実際にどうやってスピードをつけたらいいのでしょうか?
やはり、波のトップからボトムに下りることが原則になるので、波の斜面(フェイス)を上や下に行ったり来たりすればいいわけです。

 

 

これは、一般的にはアップスアンドダウンと呼ばれており、スピードのつけ方のテクニックとして知られています。
当然、ボトムへ行く距離が長くなるほど加速しやすくなるので、できるだけ波のトップに行くことを心掛ける必要があります。

 

 

アップスのコツは既にお伝えしていますが、波のフェイスをボトムへ向かう時のスピードの出し方にはコツがあります。
それは、前足重心にして、ボードを下に押すことです。

 

 

これはあらゆるライディング中の動きに効果を発揮するので、初心者の方は覚えておくと良いですよ。
例えばトップターンを急激に行って速度が遅くなった後でも、前足でボードをプッシュしてボトムに向かえば加速しやすくなります。

 

 

いずれにしても、波のフェイスを上下する時には、膝を曲げたり伸ばしたりすることで自分の体重が効率よく伝わり、スピードが付きやすくなります。
トップへ上がる時には伸び上るようにしてパワーを開放するようなイメージで行い、、ボトムへ下りる時は縮むようにしてパワーを溜めこむような感じで行うとといいと思います。

 

 

なかなか上手くいかない人は、海に入る前に屈伸運動などを行って、陸上で動きを体に覚え込ませておくようにすると上手くいきやすいでしょう。

 

 

プロが教える初心者からでも最短で効率よく上達出来る方法

陸上での練習やトレーニング方法もしっかり学べます!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top