テイクオフ時のボードの角度

テイクオフ時のボードの角度

テイクオフ時のボードの角度はスタンドアップを決めるには大切になります。
ゲティングアウトのパドリングは胸を反らせて行lっている人が多いですが、テイクオフでは頭をサーフボードに近づけてパドリングします。

 

 

一見、胸を反らしているように見えますが、実は反っていなくて胸をしっかりサーフボードにつけているんですね。
ですが、初心者の人ほどパドリングは胸を反らすと勘違いしています。

 

 

胸を反らすとボードが上がって角度がつき、波や風が入ってきて抵抗が大きくなりスピードがつかなくなってしまいます。
波と自分の速さが合致した時に、初めてテイクオフが成功するので、胸をしっかりサーフボードにつけて、顎を上げてノーズを下げるのがコツです。

 

 

例え、顔がボードすれすれになっても、テイクオフする時には目線は落ちるずっと先の、これから進もうとする先に置かれていなければいけません。

 

 

また、パドリングをはじめるタイミングは、乗りたい波を見つけたら、そのピークがやってくる5mくらい手前からパドリングをはじめると良いです。
これは数をこなせば分かるようになってきます。

 

 

初心者はボードに角度がつくのを恐れて、早すぎるタイミングでテイクオフしてしまっているサーファーも少なくありません。
ですが、ボードに角度がつけば、それだけ波に押されながら楽にテイクオフすることが出来るようになります。

 

 

パドリングをしている時に、突然、それまでのスピードが急激に変化してきますが、それは波のパワーが加わって、一気に加速した瞬間なので、その時がまさにテイクオフのタイミングです。

 

 

プロが教える初心者からでも最短で効率よく上達出来る方法

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top