パドリング ボードに乗る位置 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

パドリング時のボードに乗る位置

パドリング時のボードに乗る位置はどのようにしていますか?
前提条件としてボードのセンターの乗るのは言うまでもありませんが、人の身体は身長や体重もまちまちなので、一概にこの位置に乗れとは言いきれません。

 

 

ではどうするか?それは、実際に海に入って、サーフボードに腹ばいになって、水面から少しノーズが出ている位置が正しいボードに乗るベストポジションになります。
だいたい5〜10センチくらい浮く位置を自分の体格に合わせて調節しましょう。

 

 

そして、パドリングする時は胸を押しつけるようにすると良いです。
つまり、押しつけた胸でボードを押すようにして惰性をつけて行うわけです。
この体勢をすることでボードとサーファーの体が一体感が出て、疲れが少ない力強いパドリングが出来るようになるコツです。

 

 

また、手は半開きにして、出来るだけ前で水を掴みながら、後ろまでストロークしましょう。
更に、この動作と共に水をかく際の深さも大切で、だいたい肘のあたりの深さで水をかくのが一番効率よく進むことが出来ます。

 

 

いずれにしても、パドリングを行う最終的な目標は、より良いテイクオフをすることです。
しかし、波の状況は絶えず変化するので、いつも同じようにしていては上手くいきません。

 

 

例えば、風が陸から海に向かって吹くオフショアの場合は、波面が整っていることが多いので、自分がどの位置から波の乗るのかを考えて、うねりに合わせて速さを調節して、余裕を持ってテイクオフの位置を探すことが出来ます。

 

 

しかし、逆のオンショアでは、荒れているチョッピー波の場合が多く、崩れるのも早いので、素早いパドリングが必要になり、波のピークまで行かずにテイクオフに備えることになります。
このように、波の状態に合わせてパドリングのスピードを早めたり緩めたりすることが必要です。

 

 

いずれにいしても、パドリングがサーフィンにおいて全てのスタートとなり、その後の上達に大きく影響してくるので、初心者の段階でしっかりコツを押さえてマスターしておきましょう。

 

 

プロが教える初心者からでも最短で効率よく上達出来る方法

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

page top