小波 乗り方 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

小波の乗り方

サーフィン初心者がまず乗り始めるのが、腰くらいの小さい波。
そんな小波の乗り方が上手く出来ず、すぐにスピードが失速してあまり乗っていることが出来ないという人も少なくないでしょう。

 

 

安心して乗れはしますが、やはりパワーがないので、如何に最も力のある場所に行ってテイクオフするかがポイントになってきます。

 

 

そんな最大のスピードを得る小波の乗り方は、崩れそうでくずれないところで立とうとするのではなく、崩れる寸前に一番せり立っているところを見つけて、その波のパワーゾンにボードを引っ掛けるようにすれば、グンと押してくれしばらく乗っていられます。

 

 

コツとしては、ぎりぎりまで待って、波に押されてからスタンドアップすること。
その際には、頭を下げてそれを重りかわりにしながらやるとやりやすくなりますよ。

 

 

なるべく沖のスープに近いパワーゾーンからすると不慣れな初心者でも、比較的にテイクオフしやすいでしょう。
また、グーフィーでは、レギュラーと違って波が見えないので広い視野が必要になりますが、立っときに既に体を倒しておけば、バランスが逆にとりやすいです。

 

 

その後、ボードの後ろに荷重し、一気に波のトップまで持っていきます。
再度、ボードを下に落とし込み、板が走り始めたら今度は前足荷重にしてスピードを上げ、更にしゃがみ込みながら加速させていきます。

 

 

そして、膝を曲げてボードを安定させ、腰を落としてパワーをため込み、目線は常に進行方向へリードして、次のターンへと繋げていきましょう。

 

 

長く波に乗って楽しみた方へ

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

page top