波の選び方 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

波の選び方

サーフィンを楽しむためには波の選び方が大切。
波に乗ろうとした時に上手くスピードが出ないということも良くあるかと思います。

 

波の選び方

 

ライディングの基本は波の動きに合わせてボードをコントロールことなので、波がどのように動くのか読み取れるようになるれるようになりたいものです。

 

 

とはいえ、同じ形をした波は二つとしてないと言われるほど、波の動きは複雑なので、プロサーファーでさえ完璧に読むことは出来ません。
ただ、そこが楽しいところでもあるんですけどね。

 

 

そこで、波質の違いを知るためにも、ホレた波、厚い波、早い波、遅い波とわかりやすく大別した波の形や動きについて知って、実際の海で予測すことで波の選び方が出来るようになれるかと思います。

 

 

まず、ホレた波は波のトップが空中に跳ぶ急斜面の波で、ホローウェーグともいいます。更にホレてくるとチューブになりますが、波に力があるので、スピード感のあるパワフルなライディングが出来ます。

 

 

次に、厚い波はマッシーな波とも言います。フェィスの緩やかなだらだらと崩れる波なので、ライディングはボトムとトップを使った縦の動きになります。ですが、ボトムに下りすぎると失速してしまいます。

 

 

早い波は、どんどん崩れていく波なので、横へ素早く走っていかないとスープにつかまってしまうので、ボトムに下りずにアップダウンやフローターなど直線的なライディングになります。

 

 

遅い波は、ピークから順にゆっくりとブレイクしていく波なので、横に走りすぎてしまうと、波のフラット部分に出てしまいスピードが落ちてしまうので、走ったら戻るカットバックがメインのライディングになるかと思います。

 

 

良い波が割れていたら、急いで着替えて海に飛び込みたくなるものですが、海はほんの数分で見違えるほど変化します。
良い波だと思っても、急に風が吹いて海面が荒れたり、波のサイズアップして危険なコンディションになったりすることもあります。

 

 

岸からは程よいサイズに見えても沖に出てみると、実際は大きすぎたということはよくありますからね。
反対に少し待てば、波が良くなることだってあります。

 

 

特に波が遠くで割れている場合は、波に乗っている人を見て大きさを見極めて選ぶといいです。
ですので、海に着いたらまず海全体を眺めて、自然の変化を読みよるようにしていきましょう。

 

合わせて読みたい関連記事

DVDの収録内容

 

page top