難易度 技 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者

難易度の高い技が出来る近道は?

サーフィンをする人なら難易度の高い技もいずれは挑戦できるようになりたいと思っている筈。
ただ、技術や体力はもちろん必要ですが、それだけでは成功できません。

 

難易度の高い技

 

まずはその技が出来る波を選択できることも重要な要素になります。
プールと違って海は自然で出来ていますから、必ずしも良い波を掴むことが出来ることは約束されていません。

 

 

その為、日頃からの練習はもちろん、自分がどのような技が得意で、そのテクニックをどう生かせるのか順番を考えて、難易度の上級者向けの大技にチャレンジすることが大切です。

 

 

そして、技の多くは波のトップで行われ、ターンする位置がトップである波の先端にいけば行くほど技の難易度が上がり、大会でも大技として評価されます。
ターンにキレがあるようなら、サイドでカービングやフローターなどの大技もマスターしてみると良いでしょう。

 

 

また、今の主流といえるテクニックがサーフボードごと体が海面から飛び出すエアーで行う技。
バランス感覚がしっかり身につけば、サーフボードを上手に加速できるエアーをマスターしてみるといいですね。

 

 

何より、空中で色々なアクションをを加えることで技のバリエーションも広がります。
更に波のコンディションが整えば、チューブライディングが出来ます。

 

 

波自体に大きなちパワーがあるので、初心者は危険なのでやらないようにしてください。
ある程度、サーフボードがコントロールできて、自分で進みたい方向を操れるようになってから挑戦しましょう。

 

 

なお、上級向けの大技といっても、その技に入るまでの繋ぎができないと難易度の高い技は成功できません。
例えば、波のトップに向かっていくには加速が必要になり、それにはキレのあるボトムターンがしっかり出来ることが前提になります。

 

 

ですので、初心者の方はしっかり基本から順を追ってマスターしていくことが、結果的に難易度の高い技も出来るようになれる近道でしょう。

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

page top