パドリング 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

パドリングを覚えよう!

パドリングが上手く出来ていますか?
パドリングは、サーフボードに腹這いになり、両方の腕でこぎながら前に進むことですね。
テイクオフも、強いパドリングが出来るようになれば早く出来るようになるものです。

 

 

まずは、腕のかき方やボードに乗る位置を確実にマスターすることが大切です。
やり方としては、ボードに腹這いになり、胸を反らしてボードから離し、顎は少し引き気味にして前方をみます。

 

 

ボードに腹這いになる時は、必ず身体の中心がボードの中心部、ストリンガーの真上に来るようにしましょう。
こうすることで、重心が中央にきて左右にブレなくなり、お腹と両方の太腿を使って身体を左右に揺らさないようにバランスをとるようにします。

 

 

効率よくパドリングするコツは、肘の曲げ方、手首の動かし方が大切で、腕で水をかく時に、手の深さが一定になるように曲げるようにします。
水をかくときには、手のひらは程よく開くようにします。

 

 

指同士をくっつけすぎても水が引っ掛かってしまい思うように進みませんし、逆に開きすぎても水が抜けていってしまうので、程よく指に隙間を作ることが理想的な水のひっかかりが生まれ、かくほどに加速させることが出来ます。

 

 

そして、肩や手首に力が入らないように肘を高く上げ曲げながら肘の回転でリズミカルにパドルを行います。
腕を動かす時に、海面と平行に動かすような気持ちで行うと、肘も自然と曲がるようになります。
手のひらは常に同じ角度になるように動かします。また、ボード上の体の重心が前や後ろすぎたりすると、ボードが水を余計にひろってしまい前に進みにくいことがあります。

 

 

ボードによっても程よい乗る位置は変わってきますので、色々試してみて一番楽に進む位置を探すようにしましょう。
また、ノーズから顔までの距離を覚えておけば目安にもなり、パドリングが進まない時は、ノーズから顔までの距離を再確認してみると良いでしょう。

 

 

なお、一見、足を広げるとバランスを保ちやすいように思えますが、実は閉じたほうがとりやすいですし、パドルに体全体の力を使うことが出来るので、足は広げないようにしましょう。

 

 

サーフィンが短期間で上達するコツや練習法が満載!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top