テイクオフが失敗 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者

テイクオフが失敗するパターン

サーフィン初心者の方はテイクオフが失敗してしまうことも多いと思います。
テイクオフはどんなに上達したサーファーにとっても永遠のテーマ。波のパワーをしっかり受け止めて、波に立たないとサーフィンは始まりませんからね。

 

テイクオフが失敗

 

それにはパドリングやボードでのバランス、波を読み取るなど幾つかの要素を瞬時に済ませなければならないのがテイクオフです。

 

 

特にテイクオフでのよくやりがちな失敗は波においていかれることでしょう。
これは中級者、ヘタをすれば上級者でもうねりからテイクオフを練習するときにやってしまうミスです。

 

 

サーフィンは単に波の上に立つだけが目的ではありませんが、初心者のうちは何とかして波の上に立って走り出すということだけも大切になるので、失敗をしてもくじけずに次の波にどんどんチャレンジして練習していきたいですね。

 

 

よくある失敗のパターンとしては5つあります。まず一つ目はパドリングの開始が遅いこと。これは波まちから方向転換するのが遅れてしまうのが一番大きな要因なので、素早く方向を変えることが大切。

 

 

二つ目は、パドリングの腕の動きが遅くてスピードがでていないこと。サーフィンの上手い人で、パドリングが下手な人はいないといっていいほど基本と言えます。
パドリング速けれ短時間で沖に出れ、良い波をキャッチできる確率も高りますし、テイクオフも早くなり、ライディングにも余裕が生まれ、上達への近道になります。

 

 

三つ目にボードを胸で押し出すことができず、滑り出せていないことがあります。
四つ目は私の経験から言ってボードが滑り出した瞬間が分かっていないから。きちんと滑り出したのを感じてパドリングをやめて、手をつくのがコツです。

 

 

五つ目は立ち上がる動作でもたもたしてしまうことでしょうね。手をついたら素早く上体を起こし、自分が進む方向に視線を向けるようにすることを忘れないようにしましょう。
ここで視線を下に向けたままにすると、パーリングしてしまいかねません。

 

 

なお、テイクオフは陸上の練習が有効なので、動作を覚えるまで繰り返しましょう。
その際は、出来るだけ素早く行い、両手は胸の下、前足を胸に引きつけるようにするのがポイント。

 

 

陸上で自分の思い描くイメージの通りに出来るようになったら、次はスープで練習していくと効率よく上達出来るでしょう。

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

page top