ドルフィンスルー 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

ドルフィンスルーをマスターしよう

ドルフィンスルーが上手く出来ないサーファーも意外に多いですね。

 

 

サーフィンをする為に沖にでます。
これをゲティングアウトと言うのですが、この時にがむしゃらに沖に出ようとしても押し寄せてくる波をくぐりぬけないと体力を消耗するだけで、岸へ戻されてしまいます。

 

 

そんなゲティングアウト時に使うテクニックの一つがドルフィンスルーで、ボートと体を水中に潜らせ波の下をくぐります。
波の大きさに関わらず使え最も一般的なテクニックです。

 

 

初心者の場合は、ボードを波に沈めるタイミングが難しく、ボードの浮力や水の抵抗もあるので腕だけの力で沈めようとするのではなく、プツシュアップした両腕に全体重をかけて波の下にノーズを沈ませるようにします。

 

 

ノーズが沈み始めたら同時にどちらか一方の膝とつま先をストリンガーに乗せます。更にボードを沈める時は、膝と両腕、つま先で上手くバランスを取りながら体を沈めます。
そして、自分の背中あたりを波が過ぎてから首を上に反らし、少し両腕を曲げるようにすると海面いボードが自然に上がって行きます。

 

 

ドルフィンスルーが完璧になるには、3年かかるとも言われているほど、初心者には難しいテクニックです。
初心者レベルから抜け出すには、どんな波でも越えられるように練習をすることが大切です。

 

 

潜るタイミングは、頭ではなく体が覚えるのが大切ですが、初心者の方は、まず、波が来る1メートル手前ぐらいで余裕を持って行うように練習すると良いかもしれません。

 

 

初心者でもドルフィンスルーを短期間でマスターする方法とは?

パドリングを生かし、上手く体を使いながらドルフィンスルーを行う方法について解説!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top