波まち 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

波まち

沖までゲティングアウトしてきたら、自分の乗りたい波を見つけるためにボードにまたがるようにして待っのが波まちですね。

 

 

パドリングから波待ちに入るには、脇の下のあたりにあるレールを両手で持って、両足を開き太ももでボードを挟むようにして両腕を伸ばすのが基本姿勢です。

 

 

ですが、レールを持った手でバランスをとろうとすると、余計な力が肩に入ってしまい不安定になります。
その為、手ではなく腰でバランスをとるようにし、バランスを崩しそうになったら腹這いになってもう一度やり直します。

 

 

波まちの良い例としては、手と肩、お尻の3か所で三角形を作るようにしてバランスをとるように心がけると、肩の力む抜けリラックスした状態でバランスがとれるようになります。

 

 

逆に、波待ちの時に猫背になると、肩に力が入ってしまい、両手でボードのバランスとるようになってしまうので注意が必要です。
猫背気味になってしまう人は、上半身は反らすように意識して、まずは基本姿勢をマスターしてください。
また、波待ちは、ただ波の上に浮かんで待っているだけではなく、その日の波のサイクルやスピードを身体で覚えるようにしましょう。

 

 

この現役プロサーファー小川直久さん監修のサーフィン上達プログラムDVDでは、波まちをしているときに、安定した位置でバランスがとりやすい方法の解説から、波まちから俊敏に方向を転換し良い波に素早く反応できる方向転換の方法、初心者でも、乗りやすくて楽しめる波の見つけ方まで分かりやすく解説してあります。

 

初心者からでもサーフィンが短期間で上手くなる方法!

過酷なトレーニングの必要もありません。

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top