ターン(方向転換) 小川直久のサーフィン上達プログラム 初心者 一人 練習

ターン(方向転換)

サーフィンでの素早いターン(方向転換)が出来ていますか?

 

 

ターンは波待ちで体が沖に向かっている状態から、体の向きを変えて岸にボードのノーズを向けて波に乗ることですが、良い波を見つけても素早いターン(方向転換)が出来ないと、せっかくの波を逃してしまう事になりかねません。

 

 

一般的なターンには、足を水中で動かしながら行うテクニックなどもありますが、初心者でも素早く出来るピポットターンや手を使った簡単に方向転換できるものがあります。

 

 

ピポットターンは、波待ちの状態からボードを回転させ、足でキックしながら方向転換を一気に行います。
やり方は、腰をテールよりに寄せ、テールを沈めた時の反動と浮力を利用して、2、3回ほど足を巻くようにキックし、ターンした方向に体をひねりながら、レールを持った手で素早く方向を変えます。

 

 

このターンは、手足を使った方向転換よりも素早く出来るので、良い波に乗りやすいと言えます。
一方の手を使ったターンは、初心者でも比較的に簡単で、波待ちの体勢から回りたい方向と逆の手を使い、前から後ろに大きく波をかくようにします。

 

 

もう片方の手は、不安定にボードがならないようにレールを持つようにします。実際に練習すればすぐにコツも掴めて出来るようになる筈です。

 

 

また、ターン(方向転換)する時に重要になるのが、水中での足の動きです。
右方向にターンをする時は、両足を時計回りに回転すれば自然にボードは右に回りますし、反時計回りに左に足を回転させれば左にボードが回ります。

 

 

水中でのターンの為の足の動きは、海に入る前に自宅で椅子などを使って練習も出来るので、感覚を掴んでおくと良いでしょう。

 

 

サーフィンが短期間で上達するコツや練習法が満載!

 

サーフィン上達プログラムDVDの詳細を見てみる

 

 

page top